申し込む前に確認!キャッシングの審査基準は?

申し込む前に確認!キャッシングの審査基準は?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

キャッシングの審査基準は3つ

キャッシングの審査基準

初めてキャッシングに申し込む方は、どんな審査があるのか、自分が審査に通るのかどうか、全く未知の世界ではないでしょか。
急な出費などでキャッシングの申し込みをした方にとっては、不安を感じる場面かもしれませんね。

キャッシングの審査基準は3つです。
『勤務先』『勤続年数』『年収』

キャッシングと言えば手軽な印象を受けるでしょうが、とは言え借金をするわけですから、貸し付けする側は安定した収入があって返済が可能であることを望みます。

また、ご自身の借金の経歴は信用情報機関から情報を得て、調べられます。
場合によっては、配偶者や親族に大きな借金をしている人はいないか、過大な返済事故を起こした過去はないか、なども調べることもあります。

現在、他社に借金があっても、年収や勤続年数に見合った金額に余裕があれば、審査は通ります。
ただし、金額に余裕があっても過大な返済事故があれば、難しいかもしれませんね。

審査用の嘘の申告?

審査用の嘘の申告?

では、審査に通るように嘘の申告をしたら、どうなるでしょう?

借金の経歴については、5年以上前の記録は抹消されていますので調べようがありませんが、5年以内の借金はデータとして残っていますし、自己破産などの記録は10年は残ります。
嘘の親告をしても結局はバレますので、せめて正直に申告しましょう。

さらに、勤務先に関してですが、金融機関では必ず在籍確認を行います。
『○○会社▲▲支社』に確かに在籍していることを確認するために、勤務先に電話をするというものです。

これは利用者にとっては、「会社にバレるかもしれない」という不安もあって、とても嫌な行為かもしれません。
しかしこの在籍確認をしなければ、審査は絶対に通りません。

もちろん、在籍確認のときには金融機関の名前を名乗ることはせず、個人名で知り合いを装って電話をします。
電話をするときには同性の方にお願いしたい、個人の電話は禁じられているのでできるだけ事務的な対応でお願いしたいなど、もしも要望があればお話しすると良いでしょう。

会社に電話をして「〇〇さんをお願いします」と言うだけの電話です。
「はい、少々お待ちください」でも、「ただいま席を外しております」でも、ご本人が勤務していることさえ分かれば、在籍確認が取れたということでOKです。
会社にバレるような形で電話をすることはありませんので、その点はご安心ください。

また、ご本人にとっては大きな金額の借り入れをするための細やかな嘘のつもりでも、アルバイトなのに「正社員」と嘘をついたり、入社したばっかりなのに「入社5年です」と嘘をつくなどすると、借り入れできない場合もあります。

借金をすることには、当然ですが人間性も非常に重要な基準となります。
申告は正直に行いましょう。

属性審査とは?

属性審査とは?

属性とはご本人の情報、年齢、収入、性別、勤務先、家族構成などのことです。
本人申告の属性を見て、返済能力があるかをチェックし、その上で信用情報審査を行います。

・本人に関する情報
・仕事に関する情報
・住居に関する情報
・借入れに関する情報

上記の4つが審査対象となります。

・本人に関する情報
年収、年齢、性別、独身/既婚、子供あり/なし、同居家族の有無、健康保険の種類、最終学歴卒業年月。

・仕事に関する情報
勤務先名、勤務先種類、業種、勤務先の社員数、勤続年数、職種、雇用形態、役職、収入形態。

・住居に関する情報
住居形態、住居種類、居住年数、電話の種類、住居負担額。

・借入れに関する情報
他社借入件数、他社借入金額、希望借入金額、借入金の用途。

それぞれの機関によって内容は多少異なりますが、大きく異なることはないでしょう。
もちろん全てを正直に答えなければいけませんし、審査の対象となりますが、特に重視される項目は『収入』『他社借入件数』です。

収入は、多い少ないということより、安定していることが重視されます。
年収1000万円の年もあれば、年収60万の年もある方より、安定して年収300万円の方の方が高い評価となります。

また、『総量規制』で、年収の3分の1までの金額しか借り入れすることができないので、収入は融資額に直接影響するものです。

他社借入件数は『現在何社からの借り入れがあるか』、他社借入金額は『現在他社からの借り入れは総額いくらになるのか』です。
借入総額は収入の3分の1までとされているため、もちろん重視されるものですが、もっと重視されるのが『他社借入件数』です。

基準は業者によって異なりますが、他社借入件数が4件を超えると審査通過は厳しいでしょう。

場合によっては、3件の借り入れで審査が通らないところもあります。
ですから、借り入れ額が小さいようであれば、いくつかの借り入れを1社にまとめるなどして、件数を減らして申し込むと審査は通りやすくなるかもしれません。

もちろん、借り入れはご自身が返済可能な金額でなければいけません。
返済計画を立て、無理のない借り入れを心掛けましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12