知らないと損する!キャッシングの返済方法とは?

知らないと損する!キャッシングの返済方法とは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

いろいろな返済方法

いろいろな返済方法

キャッシングの返済にはいろいろな方法があります。
返済方法は金融会社によって異なります。
借り入れ先を選択する際、或いは返済計画を立てるためにも、返済方法は借り入れをする前に知っておいたほうが良いですね。

元利均等返済

毎月一定額の返済をしていく返済方法で、毎月決まった返済額に利息が含まれ、返済開始当初は利息の割合が大きく元金が減りにくいですが、支払いが進むにつれて徐々に元金に入る金額が大きくなっていきます。
住宅ローンなどの返済がこの方法になっていますね。

元金均等返済

最初に借り入れた元金を返済回数で均等に割って、1回分の返済額に元金残高する利息を均等に割った額を足して返済する方法です。
返済が始まった当初は返済額が大きく大変ですが、元金の残高に応じた利息のため元金が減ると利息も減るという仕組みになっており、返済額が徐々に少なくなっていきます。

元金自由返済

一定額の利息は毎月必ず支払います。
その利息に、支払える金額を足して返済すると元金返済となる返済方法です。
月々の返済額は最低利息分となり、それ以上は自分で決められるので一見便利ですが、入金額が少なく元金がなかなか減らない場合には、支払う利息の合計額が多額になってしまいます。

リボルビング払い

キャッシングの返済方法に多い支払方法です。
キャッシングの利用額が変わっても支払金額が一定に保たれるため、家計を圧迫しにくく利用しやすいと言えますね。
ただし、一定額の支払いであることで、利用額が増えても借金が増えたという感覚を持ちにくいという面もあることを忘れてはいけません。

返済時の金利

返済時の金利

キャッシングの返済方法の基本は翌月一括払いとなっており、クレジットカード会社やカードの種類によって返済方法が異なります。

返済は、それぞれのカード会社で定められた引き落としの日に口座から引き落としになり、借り入れのときのようにATMで返済ができないカードも多いようです。

利息は日割りで追加されるため、借り入れした金額に借り入れ日数分の利息が付きます。
ですから、口座引き落としの日まで待つことで金利が追加されてしまうため、待たずにATMで返済できるカードの方がよりお得だと言えますね。

返済方法が口座引き落としとなっている場合、一括返済したにも関わらず、返済した日によっては最長55日分の利息を支払わなければならない場合があります。
・口座引き落とし日、毎月10日
・締め日、毎月15日
上記の場合、締め日ギリギリの15日にキャッシングを利用すると、翌月10日の引き落とし額は『借り入れ額+25日分の利息』ということになります。

では、締め日の翌日、つまり開始日の16日にキャッシングをした場合、次の締め日までは30日あります。
さらに、引き落とし日は締め日の25日先となりますので、口座引き落とし額は『借り入れ額+30日分の利息+25日分の利息』ということになります。

つまり、ATMやインターネット返済が可能なキャッシングカードのほうが、自分のタイミングで返済ができ、無駄な金利を支払わなくても良いということになります。

金利の計算方法

金利の計算方法

クレジットカードでの買い物は、一括返済にすると利息が付きませんね。
しかし、キャッシングでは、1ヶ月後の一括返済でもキャッシング手数料として利息が付きます。

では、『金利15%、借り入れ10万円、30日後の返済』を例にお話ししましょう。

10万円×15%÷365日×30日=約1,233円
(借入金額×借入金利÷年間日割り×借り入れ日数=利息手数料)

こうして見るとお分かりいただけると思いますが、返済は1日でも早い方が利息が安く済みます。

クレジットカードのキャッシングでは、金利15.00%~18.00%のものが多く、決して安いとは言えません。
各社大きな差がないのは、『利息制限法』という法律で金額に応じた金利の条件が定められているからです。

借り入れは返済計画をしっかり立てて。
借り入れをするときは、『必要な金額』よりも『返済できる金額』を重視するようにしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12