サラ金・消費者金融の審査に通らないケース

サラ金・消費者金融の審査に通らないケース

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

審査に通らない人

審査に通らない人

サラ金と消費者金融は同じものです。
かつて『サラ金』と呼ばれていた個人向け無担保小口融資が、現在は『消費者金融』と呼ばれるようになったのです。

『サラ金』はサラリーマン金融の略語で、市街地などに店舗を構えていたことで『街金』とも呼ばれていました。

そんなサラ金・消費者金融の申し込みをして、審査が通らないということは、何かしらの理由が必ずあります。
その原因となっていることを解決することで、審査に通ることができるでしょう。

サラ金・消費者金融の審査には、重要な条件が3つあります。
①年収
②現在の他社借入れ額
③過去の借入れ経歴

①年収は、定職に就いて決まった収入があることが絶対条件となっており、無職の方が審査に通ることはありません。
最低1年の勤続年数は欲しいところですが、長ければ長いほど信頼度は高くなります。

年収100万円程度のアルバイトやパートでも審査には通りますが、借入れ限度額は少額となり、年収300万円以上で利用限度額が通常程度に設定されます。

②現在の他社借入れ額に関しては、債務の額が年収の1/3以上になってしまうと総量規制の対象となるため、審査には通らないでしょう。

また、過去の借入れ経歴の中で滞納や債務整理などの返済事故があれば、審査は通りにくくなるでしょう。
審査基準は各業者によって異なりますが、返済事故が全くない人に比べて審査に通りにくいのは事実です。
事故の程度によっては、何件回っても審査に通らないということもあります。

債務整理をした経歴が信用情報機関に残っている場合、審査は通りません。
ただし、信用情報機関の情報掲載は5~10年で抹消されてしまうため、その期間が経過すれば審査に影響することはありません。

年収の1/3の借入れがあり総量規制の対象となっている場合、銀行カードローンは対象外となっているため、当たってみると良いでしょう。

ただし、闇金融では総量規制など全く関係なく貸し付けをしますが、法外な利息を取られ、厳しい取り立てを受け、巧妙な手口で完済をさせずに長期に渡って恐ろしいほど高額な利息を搾取し続けます。
どんなに困っていても、闇金融に手を出すのだけは止めましょう。

審査に通るコツ

審査に通るコツ

審査に通るにはコツがあります。

まず、自分の状況をしっかりと把握しましょう。
年収が200万円にも満たないのに、名の通った大手消費者金融で融資を受けようとしても無理がありますし、自己破産をした経歴があるのに中小消費者金融で審査に通ろうとしたって無理なのです。
自分の状況に合った貸付業者を選ぶということは、非常に重要なことです。

まずは現在の借入れ件数を把握してください。
借入れ件数が3件未満の場合、大手消費者金融でも審査に通る可能性があります。
4件以上になれば、大手消費者金融の審査も難しいので、中小を当たってみましょう。

審査が甘い・ゆるいという評判の消費者金融でも・・・

審査が甘い・ゆるいという評判の消費者金融でも・・・

中小の消費者金融で「審査が甘い・ゆるい」という評判をネットでも見かけると思いますが、しかし、ほとんどの貸し付け業者では、借入れ件数が6件以上になると審査に通りにくくなります。
万が一、「多重債務者OK」などと謳っているところは、闇金融であることが考えられます。

また、過去に債務整理をしたことがあるという方は、信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に事故情報が掲載されているため、5~10年間は一般的な貸付業者での審査に通ることはありません。

もしも「債務整理をしていても大丈夫!」などという貸付業者があれば、それは闇金融です。
絶対に借入れをしてはいけません。

どの貸付業者でも審査が通らない場合…

どの貸付業者でも審査が通らない場合…

自分の状況を把握した上で、「どの貸付業者でも審査に通ることが難しい」となった場合、まずは今ある借金をある程度整理しましょう。

借金に借金を重ねている状況で、全ての返済ができていますか?
こちらから借入れてあちらの返済に充て、向こうから借入れてそっちの返済に充てるなど、自転車操業を繰り返しているようなら、もう借入れをしないで債務整理をすることを考えましょう。

『審査に通らない』ということは、『これ以上貸せば返済はできないだろう』ということです。
むしろ「返せない借金を増やさなくて済む」という風に捉えて、今の借金で苦しんでいる状況から抜け出すために債務整理を検討してください。
まずは、お話しを聴くだけでもOKです。
債務整理専門の弁護士に相談することをお勧めします。


おすすめの人気記事

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.05