今さら聞けない・・・奨学金ってどんなもの?

今さら聞けない・・・奨学金ってどんなもの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

奨学金ってどんなもの?

奨学金ってどんなもの?

奨学金制度は、学びたいという意欲がある学生を対象に、学費や生活費など学生生活に必要なお金を給付または貸与し、経済的負担を軽減することを目的とした制度です。

奨学金には『給付型』『貸与型』があり、給付される奨学金は返還の必要がありませんが、貸与される奨学金は一定期間内の返還が必要です。
貸与型の奨学金で最も代表的なものに『日本学生支援機構』の奨学金制度があります。

最近、大学では給付型の奨学金が増加しており、少子化で減少傾向にある中、少しでも良い学生を集めたいと独自の奨学金が充実しているようです。
奨学金は進化しており、受験前の申し込みを受付て、合格と同時に給付が決まる『予約給付型奨学金』という新しい形も注目されています。

奨学金制度の種類

奨学金制度の種類

日本学生支援機構の奨学金制度

日本学生支援機構の奨学金は、奨学金の代表だと言えるでしょう。

「第一種奨学金」=無利子貸与、「第二種奨学金」=有利子貸与があり、成績と家庭収入の条件で審査があります。

奨学金の貸与には、人的保証制度(連帯保証人や保証人を選任)と機関保証制度(一定の保証料を支払って奨学金の貸与を受ける)のどちらかとなりますので、申込時の選択が必要です。

大学や専門学校への進学の場合、高校3年の間に申し込むことができる予約奨学金もあります。

第一種奨学金

無利子貸与となっており、対象は高等専門学校・短期大学・大学・大学院・専修学校。
成績優秀で、経済的理由により修学が困難な生徒や学生。
大学では、高校1年生以降で申し込むまでの期間の成績が平均3.5以上などの条件をクリアする必要があります。(審査あり)

第二種奨学金

有利子貸与(年利3%が上限。在学中は無利子)となっています。
対象は高等専門学校(4、5年生)・短期大学・大学・専修学校。
基準は、第一種奨学金に比べてゆるくなっており、一定基準を満たして選考された生徒や学生。

地方自治体の奨学金制度

都道府県や市区町村で用意している、独自の奨学金制度です。
利用するためには、保護者が奨学金を支給する地方自治体に住んでいるか出身者であることなどが条件となっています。

地方自治体によって条件は異なり、貸与or給付、学力基準、所得制限、申込時期、他の奨学金との併用についてなど、様々です。
財政状態が厳しく、奨学金事業から撤退する自治体も近年増えていますが、自治体に確認をすると良いでしょう。

大学独自の奨学金制度

独自の奨学金制度が、多くの大学で用意されています。
最近は、給付型や予約型が増加傾向にあるようです。

平成16年、国立大独立行政法人化が執行された以降、国立大学でも独自奨学金を用意しているところが増えています。
大学によっては選考に経済的な基準がなく、成績優秀な学生を対象に特待生制度などという形のところもあります。
特別入試の結果によって支給が決定する場合と、入試の結果で成績優秀な学生に支給する場合があります。

民間育英団体や公益法人による奨学金制度

個人や企業が設立した民間育英団体、公益法人が設立した奨学金制度があります。
学校に対し、団体や法人側から奨学金の申し出をする形になっているため、学校によって異なります。

大学は国公立や私立を問わず、学校推薦の学生を育英団体が審査する形で受給者を選出します。
8割が給付型で、学校を通じて申し込みができます。

その他の奨学金制度

奨学金制度には、実に様々な形があり、新聞社奨学金制度や交通遺児育英会の奨学制度、防衛省の貸費学生などがあります。

奨学金の利用

奨学金の利用

奨学金の利用には、様々な条件があります。
各奨学金制度によって条件は異なるため、それぞれで確認が必要ですね。

一般的にお金の借り入れをするときには一定の収入が条件となりますが、奨学金の場合、利用者の名義は学生さんご本人となります。

もちろん学生の間は無収入でも構いません。
ただし、卒業後に就職をしてから、一定期間に返還しなければいけません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12