危ないサラ金の見極め方とは?

危ないサラ金の見極め方とは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

サラ金は現在で言う消費者金融のこと

サラ金は現在で言う消費者金融のこと

サラ金は、現在の消費者金融です。

かつては非常に怖いイメージがありました。
少しでも返済が遅れると督促や取り立てが厳しく、非常に高い金利を取られる!世間のイメージは良いものではありませんでした。
ですから、『〇〇さんがサラ金でお金を借りたんだって!』などという噂話は、まるで犯罪でも犯したかのような言い方をされたものです。

サラ金が軒並み増えたのは、1980年代、バブルが崩壊した時代です。
あの時代、サラ金を利用する人が一気に増えたのです。
そしてそれに伴って、自己破産をする人も増加の一途を辿っていました。

以降、サラ金はイメージを一新し、無人契約機の設置や24時間対応など銀行にはないサービスを前面に押し出しながら、より身近なものになっていったのです。

2000年代には、サラ金という呼び名から消費者金融に変わり、怖いイメージを払拭して誰でも気軽に利用できる便利なサービスとして親しまれています。

現在では、成人の5人に1人が『利用したことがある』と言います。
とは言え、銀行と比較するとイメージの良さでは劣る部分があるかもしれませんね。

サラ金を利用する前に

サラ金を利用する前に

初めてサラ金を利用する方にとって、「どこのサラ金に申し込めばいいだろう」と業者選びは第一のハードルかもしれませんね。

先述にもありますように、5人に1人は利用したことがあり手軽さはありますが、やはり借金は借金です。
知り合いや友達、家族の方にも相談できずに、一人で「どうしよう」と悩んでいる方は意外と多いようです。

かつてのサラ金全盛期に比べれば、現在は比べものにもなりませんが、それでも数多くの消費者金融(かつてのサラ金)が存在します。
中には、悪徳貸付業者もありますので、「知らなかった・・」では済まされない事態にならないよう、危ないサラ金を避けられると良いですね。

サラ金とヤミ金の見極め方

サラ金とヤミ金の見極め方

甘い話しには必ず裏があります。
サラ金も、貸し付け条件が極端に甘いところは避けましょう。

・多重債務者でも貸し付けOK!
・6件以上の借り入れがあっても大丈夫!
・自己破産をした方でもご利用いただけます
・専業主婦の方、大歓迎!
・学生さん、問題ありません!
・審査ナシ!即融資50万円!

このようにまるで、『どんな方でもお金を貸しますよ』というような謳い文句のサラ金は要注意です。

また、連絡先が携帯電話の番号になっているところも、闇金融(ヤミ金)である可能性があります。
簡単にお金を貸してもらえることには違いがありませんが、その分、大きなリスクを背負う可能性があります。
闇金融である可能性があるので、気を付けなければいけません。

闇金融と消費者金融は異なりますので、絶対にお金を借り入れしてはいけません。

闇金融(ヤミ金)の怖さ

闇金融(ヤミ金)の怖さ

「闇金融でもなんでもお金を貸してほしい」と切羽詰まっていたとしても、闇金融を利用すると絶対に後悔する結果が待っています。

異常な高金利

正規の消費者金融では、貸金業法を守って金利20%の上限を守っています。
しかし非合法な闇金融の場合、法外な高金利を取られてしまいます。
十一(トイチ)、十三(トサン)と言われており、10日で1割、10日で3割などは当たり前です。
正規の貸付業者ではない闇金融は、金利の制限がないので通常では考えられない高金利で設定されています。

厳しい取り立て

正規の消費者金融では貸金業法に則って、取り立てに関する規制があります。
『督促電話は1日3回まで』や『朝8時~夜9時まで以外の取り立て行為は禁止する』などがそうですが、闇金融はこのような決まりを守る必要がないため、四六時中取り立てや督促の電話に悩まされたり、職場へ電話をかけてきたり直接来るなどして、お金を払うまで執拗に取り立てをします。
正規の消費者金融であれば、督促や取り立ては貸金業法をしっかりと守り、節度を守った穏やかな方法で行います。

完済させずに金利を搾取

闇金では、完済しようとすると巧妙に避け、完済をさせないようにしています。
これは、完済されると高金利の利息を搾取できなくなるからです。
どこまで逃げても探しだしますし、逃げ通せることなどほぼ無理でしょう。

大手消費者金融なら安心

大手消費者金融なら安心

逆に『危なくないサラ金』と言って思い浮かべるのは、やはり大手消費者金融でしょう。

誰でも名前を聞いたことがあるような消費者金融は、条件こそ厳しくなっていますが、借り入れをすることができればしっかりと貸金業法を守った業者ですので危険はありません。
初心者の方は特に、まずは大手消費者金融から利用してみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12