キャッシングにボーナス払いってあるの?

キャッシングにボーナス払いってあるの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

キャッシングの返済方法は?

キャッシングの返済方法は?

キャッシングとは、いわゆる消費者金融やクレジットカード、銀行のカードローンなどで現金の借り入れすることです。

返済方法は、最近ではほとんどが毎月一定額の返済をするリボルビング払いが一般的となっており、『ボーナス払い』という方法は存在しません。
毎月の返済額は、最低入金額が決まっており、それ以上の金額であればOKとなっています。

住宅ローンや商品をクレジットカードで買い物をしたときのような、『ボーナス払い』が設定されているということはないのです。

ボーナス時に多めに入金したい場合

ボーナス時に多めに入金したい場合

ボーナス払いはないものの、ボーナスで多めの収入があった月には返済も多めにしておきたいという場合には、入金しなければいけない最低金額に可能な金額を加算して入金すればOKです。
多めに返済した分は元金の返済となりますので、翌月からの利息分を効果的に減らすことができますね。

また、ボーナス月に限らず経済的に余裕があるときには、返済するときに多めに入金すると良いですね。

さらに、1度入金したけれど、月末にまだ余裕があったからもう1度入金したいというときには、通常通りにATMなどから返済入金することが可能です。
つまり、住宅ローンやクレジットカードで買い物をしたときのようなボーナス払いがある返済プランよりも、自由にコントロールすることができるという利点があります。

ボーナス払いの落とし穴

ボーナス払いの落とし穴

住宅ローンやクレジットカードには、キャッシングとは異なり夏冬2回のボーナス払いを設定することができます。
また、クレジットカードでは『ボーナス一括払い』という返済方法もありますね。

しかしボーナス払いを利用することで、後々ローン地獄に陥るケースは非常に多くなっています。
一つに、近年の不景気の中、ボーナスが必ず出るとは限らない、或いは減額になる場合も多いということが挙げられます。

ボーナスは支給されるまで金額が分かりません。
「今回のボーナスは50%カットです」といきなり会社に言い渡されて、金策に奔走したという話しは珍しいことではないのです。
そうなると、ボーナス払いのために借金をしてしまうという現象が起こります。

ボーナス払いをクリアしてホッとしたのも束の間、翌月からはボーナス払いで借り入れをした借金の返済にも追われてしまうのです。
さらに、その借金を返済するために四苦八苦し、生活が脅かされるとまた借り入れをしてしまう、という形で借り入れと返済を繰り返して雪だるま式に借金を増やしていくケースが非常に多くなっています。

かつて、バブル崩壊以前の日本では、多額なボーナスが年に2回しっかりと支給され、年々ボーナスの金額がUPしていくことが珍しいことではありませんでした。
毎月の給料は決して高い金額ではなくても、ボーナスの金額が一気に年収を上げていた時代です。
サラリーマンの多くがそうだった時代があったのです。

しかし現在、『業績不振のためボーナスカット』ということも普通に有り得ることなのです。
そうなると、ボーナス払いを設定した支払いがある人は、返済計画が狂ってしまいます。

借金返済の中でもボーナス払いは毎月の返済額の2~3倍程度に設定していることが多いため、ボーナス月は通常の返済+通常の返済の2~3倍の金額を用意しなければいけないのです。
ボーナスがカットになったとしても、ボーナス払いが設定されたローンであれば、当然ですが請求されてしまいます。

ですから、もしも住宅ローンやクレジットカードで買い物をした場合など、ボーナス払いの設定はしない方がより安全だということです。

しかしボーナスが入った場合、せっかくだから返済に回したいと思うこともあるでしょう。
そのような場合には『繰り越し返済』を利用すると良いですね。

住宅ローンであれば、銀行の窓口で受付をしてもらえます。
クレジットカードの場合には、カートで入金することが可能です。

住宅ローンや銀行の融資の場合、手数料を取られることもありますので、確認してみると良いですね。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12