保証人なしで借りれる借金

保証人なしで借りれる借金

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

保証人が必要な借金

保証人が必要な借金

お金の借り入れをする際には、保証人が必要です。
住宅ローンや自動車ローン、教育費ローンなどでは、保証人を立てることが条件となっています。

しかし最近手軽に利用することができるカードローンなどでは、保証人なしで借り入れをすることが可能となっています。
ただし例外として、中には保証人なしでは借り入れできないという場合もあるようです。

保証人が必要なケース

・勤続年数が短い場合
・収入が安定していない場合
・派遣社員やアルバイトの場合
・未成年者の場合

このように債権者から見て返済に不安要素がある方の場合、保証人が必要となります。

保証人無しの借金

保証人なしの借金

最近の銀行カードローンでは、保証人なしで借り入れできる商品が多くなっています。
(*ただし、借主の審査次第で保証人が必要な場合もあります。)

保証人不要で借り入れができる場合、借金を誰かに知られることがないため、それは大きなメリットとなりますね。

借金の保証人は親族を指定しているケースが多く、場合によっては借金をすることを反対されることもあるでしょう。
消費者金融や金融機関からの借り入れは家族に秘密にしている場合が多いので、保証人を頼まなければいけないとなると高いハードルとなる可能性が高くなります。

『保証人不要』ということに不安を感じる方もいるかもしれませんね。
しかし今はほとんどの大手消費者金融や銀行カードローンも、保証人は不要となっています。
不安を感じるようであれば、大手消費者金融や銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

もしも返済が困難になったとき

もしも返済が困難になったとき

借金ですから、当然返済をしなければいけません。
しかし人生は何が起こるか分かりませんので、返済が困難になってしまう場合があります。

・病気やケガで仕事ができなくなった場合
・リストラや会社の倒産で仕事を失った場合
・自営業の経営不振
・多重債務で返済が追い付かない

など、様々な理由で返済が困難になってしまった場合、『債務整理』で借金を軽くすることが可能です。

①金利を免除してもらえる『任意整理』
②借金の減額をしてもらえる『民事再生』
③借金をゼロにしてもらえる『自己破産』

債務整理は国が定めた制度で、借金返済が困難になってしまった方のための救済措置です。
ただし、保証人がいる場合、債務者本人が支払わなかった部分に関しては、保証人が支払うことになります。

①『任意整理』債務者が免除された金利の支払い
②『民事再生』債務者が減額してもらった金額の支払い
③『自己破産』借金全額の支払い

つまり、自分が借金の返済が困難になっても、債務整理をすることで保証人に迷惑をかけてしまうということです。
場合によっては、保証人も債務整理をしなければいけないケースもあり、最悪の場合、債務者本人と保証人の両人が自己破産をするということもあります。
そうなると債務整理に踏み切るのも簡単ではありません。

しかし、保証人なしの借り入れの場合、債務者本人の意思で債務整理を申し立てすることが可能です。
債権者には迷惑をかけることになりますが保証人に迷惑をかけることがないため、債務整理に踏み切ることも本人の判断次第ということになります。

第三者請求について

第三者請求について

保証人なしの借り入れで、もしも返済が滞納した場合、債権者は親や配偶者などの家族に返済の請求をしたり、肩代わりを要求することはできるのでしょうか?

借主本人以外の人に返済を求めることを『第三者請求』と言い、現在、貸金業法で禁止されています。
ですからそのような要求があった場合には、違法行為ということになります。

以前は家族への請求をすることもあったようですが、家族に返済義務はありませんので支払う必要はありません。
ただし、家族が保証人になっている場合には、『家族として』ではなく『保証人として』支払い義務が発生する場合があります。

また、家族の方が自ら肩代わりを申し出ることに関しては、問題はありません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12