キャッシング生活から抜け出す方法

キャッシング生活から抜け出す方法

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

抜け出せないキャッシング生活

抜け出せないキャッシング生活

キャッシングやカードローンは、非常に便利なものです。
急な飲み会や結婚式、旅行の誘いや欲しい洋服を買うときなど、手軽に利用することができます。

利用するときも返済もカード1枚で行うことができ、“借金”という重い感覚を持つことなく利用することができます。
ですから、上手に利用すれば全く問題などないのです。

しかし『“借金”という重い感覚を持つことなく利用することができる』という手軽さが、逆に難点であるとも言えますね。
手軽さ故に遣いすぎて、気付いた時には返済が重く圧し掛かって負担になっていた、ということも多くなっているようです。

限度額内で利用できるキャッシングは、まるで貯金を下ろして遣うような錯覚を持ってしまいます。
それこそが落とし穴だということです。
『便利で手軽』そこが落とし穴になってしまうのです。

キャッシング生活から抜け出す方法

キャッシング生活から抜け出す方法

では、“抜け出せないキャッシング生活”から“抜け出す”ためには、どうしたら良いのでしょう。
順を追ってお話ししますので、一つずつ確実に行動に移してみましょう。

①家計簿(または小遣い帳)を付ける。

収入に対して、どれだけの支出があるのか確認してください。
どの費目にお金が多くかかっているのか、或いはどんなことにお金を遣っているのか明確にする必要があります。

②支出の見直し。

借金生活から抜け出せない人には、必ず理由があります。
食費の割り合いが大きい、交際費にかかり過ぎている、趣味にかけるお金が多すぎる。
などの理由を見つけ出しましょう。
また、大なり小なり依存症となっていることがあれば、見直す必要がありますね。
ギャンブル依存症、買い物依存症、或いはアルコール依存症など。
このようなケースでは、場合によっては病院を受診する必要があります。

③原因を改善する。

収入に対して負担となっている原因を取り去る必要があります。
ゼロにすることができない場合には、予算を決めて縮小する工夫が必要ですね。

④どこにも原因が見つからない場合。

原因が見つからずにキャッシング生活から抜け出せない場合、収入が不足していることが考えられます。
転職やダブルワークをするなどして収入を増やし、生活に余裕を持てるように努力しましょう。

⑤生活を見直す。

もっと節約できるところはないでしょうか。
例えば、タバコを吸っているのであれば、禁煙するか量を減らすなどの心掛けで出費を減らすことに繋がります。
食事は自炊を基本とし、小まめに電気のスイッチを切るようにします。
買い物をするときには本当に必要なものかどうかをよく考え、友達に誘われたときには今自分がいくらお金を遣えるかを考えて返事をしましょう。
意識をお金に向けることで、無駄な出費を抑えることができるでしょう。

⑥返済に充てられる金額を計算する。

収支の詳細が把握できたら、返済にいくら充てられるかを計算しましょう。
収入から総支出を差し引いて、余裕を持っていくら残りますか。
返済はできるだけ余裕を持って行うようにしてください。
万が一、この段階で返済できるお金が残らない・足りないという場合には、債務整理を視野に入れて専門家に相談しましょう。

⑦キャッシングの総額を把握する。

数社からキャッシングしている場合は、何社からいくらの借り入れがあるのか、借り入れ件数と借り入れ総額を把握してください。
ネット上に『借金返済シュミレーション』のサイトがありますので、それぞれの借金総額と金利と返済額を入力して、完済までどれくらいの期間がかかるのか調べてみましょう。
目標を持つということは非常に大切です。
毎月入金する金額を決めて、確実に返済しましょう。

⑧これ以上キャッシングしない。

生活を見直し、返済額も決め、完済の目標を持ったら、今後キャッシングの利用はしないで生活していきましょう。
キャッシング生活から抜け出すためには、とにかく利用せず完済することです。
何度も何度も利用しては返済し、また利用して返済し、限度額内でグルグル回っていたキャッシングは、利息が付くため雪だるま方式に元金が膨らんでいきます。
計画的に返済していかなければ、確実に借金地獄が待っています。

⑨完済した順に解約をする。

完済をしても契約がそのままになっていては、いつでも利用することができてしまいます。
ですから完済した順に、契約を解除、つまり解約をしてください。
また、どうしても必要なときには新たに契約をすればいいのです。
とにかくキャッシングから離れるためにも、一旦解約をしてください。

キャッシング地獄にハマっている人はクセにように利用してしまうため、そのクセを断ち切る必要があります。
一つ一つ納得しながら行うことで、自分自身の心の中にある借金に対する考え方にも変化が見えてくるでしょう。

意思が弱い人の場合

意思が弱い人の場合

どうしても意思が弱く、①から始めても⑤あたりで挫折してしまう人の場合、強制的にキャッシングできない状況を作りましょう。
信用情報機関で『貸付自粛制度』の申請を行い、自分自身の借り入れに歯止めを掛けてしまうのです。

貸付自粛の申請を行えば、新たな借り入れはもちろん、場合によってはこれまで利用していたカードの利用もストップします。
最低でも3ヶ月間は解除することはできませんし、1度の申請で5年間有効ですので安心です。

本気で抜け出すために

本気で抜け出すために

最終的には、ご自身の意思が一番重要となります。
「別にいいや・・」「めんどくさい・・」などと、ご自身の“我慢”を後回しにしていると、後悔することにもなりかねません。
本気で抜け出したいと考えているなら、“我慢”することは絶対に必要になります。

“我慢”することは簡単ではないでしょう。
しかしその“我慢”が必ず実を結んで、必ずキャッシング生活から抜け出すことに繋がります。

気付いた『今』こそ、始めるときではないでしょうか。
どうか、頑張ってください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12