なぜ消費者金融の多重申し込みは審査に落ちるのか?

なぜ消費者金融の多重申し込みは審査に落ちるのか?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

多重申し込みとは?

多重申し込みとは?

多重申し込みとは、短期間に複数の消費者金融への申し込みをすることです。

目安としては、1日に3社以上の申し込みをすると、多重申し込みだと受け取られてしまうでしょう。
多重申し込みは『ブラック申し込み』とも言われており、審査に落ちるケースが多いでしょう。

多重申し込みは隠すことができるのか

多重申し込みは隠すことができるのか

しかし消費者金融に申し込みをするときに、多重申し込みであることを隠せば、審査に通ることも可能になるのではないでしょうか。

実は、信用情報機関には借金に関する全ての情報が登録されるため、申し込みをしただけでもその情報が残ってしまいます。
ですから、消費者金融に申し込みをする際に、他社に申し込みをしたことを隠したり嘘をついても、すぐにバレてしまうということです。

申し込みをしたという記録は半年間残ります。
一般的には1日に3社以上の申し込みをすると『ブラック申し込み』になると言われていますが、半年以内の申し込みは隠すことはできないということです。

ただし、言い換えれば半年以上前の申し込みであれば、消費者金融に知られることはないということです。
1~3ヶ月経過してから申し込みをすれば良いと言われていますが、仕切り直すのであれば、半年後が有利かもしれませんね。

多重申し込みが審査に落ちる理由

多重申し込みが審査に落ちる理由

では、なぜ多重申し込みをすると審査に落ちてしまうのでしょう?

まず第一に、「1日に3社以上に申し込みをしている人がいる」と聞いたら、どう思いますか?
ほとんどの人が「切羽詰まるほど、お金に困っているのかな」と感じるのではないでしょうか。
そうです。多重申し込みの登録がある申し込み者は、『非常にお金に困っている人』という印象を持たれてしまうのです。

消費者金融を利用する人は、ほとんどがお金に困っている人かもしれません。
しかし短期間に3社以上の申し込みをするということは、それだけ切羽詰まっていることが分かりますし、場合によっては短期間に多額な借り入れをして、計画的に自己破産をされてしまう恐れがあります。

消費者金融にとって、貸し付けをして計画的に自己破産されてしまうことなど許されません。貸し付けした分が赤字です。
危険な可能性がある場合には、敬遠するのが当然でしょう。

ですから、多重申し込みを『ブラック申し込み』と呼び、審査に通らないことが多いのです。

審査に落ちても落ち着いて

審査に落ちても落ち着いて

初めて消費者金融に申し込みをする場合、ほとんどの人は必ずお金の借り入れができると思っています。
また、何度か借り入れをしたことがあり審査に落ちた経験がない人も、「審査には通るもの」と思っているかもしれませんね。
しかし審査基準を満たしていなければ審査には通りませんし、借り入れをすることもできません。

実際に審査に通らず「貸し付けできない」と断られると、意外とショックなものでしょう。
落胆して、「借りる予定だったお金はどうしよう」と考えるのではないでしょうか。

その時、「よし!別の消費者金融へ行ってみよう!」と果敢にトライしてしまうと、多重申し込みになってしまいます。
2社目で通れば良いのですが、通らなかった場合、あと1ヶ所で借り入れできなければ絶望的です。
ですから、審査に通らなかった場合には、一旦落ち着いて、なぜ審査に通らなかったのかを考えましょう。

・他社からの借り入れ件数が4社以上になっていないか
・返済の延滞はないか
・年収の1/3に近い借り入れになっていないか
・5~10年以内に債務整理をしていないか
・勤続年数が1年未満ではないか

など、まずはご自身の借金について調べてみてください。

信用情報機関に情報開示請求をすると、ご自身の借金に関する情報を送付してもらうことができます。
その中に審査に通らなかった原因を見つけることができれば、原因を改善することができます。
全ての原因を改善することができるわけではありませんが、明確な原因が分かれば、対処方法も考えることができるのではないでしょうか。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12