自動車ローンの審査に落ちた時の原因は何?

自動車ローンの審査に落ちた時の原因は何?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

自動車ローンの申し込み

自動車ローンの申し込み

自動車を購入するとき、多くの方がローンを利用しています。
自動車ローンでも、ほかのローン同様に審査がありますので、申し込めば必ず利用できるというわけではありません。

審査基準は会社によって異なりますので一概には言えませんが、いくつかの重視ポイントがあります。
ここでは、自動車ローンの審査のポイントについてお話ししましょう。

過去の返済事故

過去の返済事故

返済事故とは、借金の返済中に起こしたトラブルや問題を指します。
誰でも情報を照会できるわけではありませんが、ローンやクレジットカードなどの審査の際、信用情報機関に加盟していれば情報の照会することができます。
信用情報機関に記録は残りますので、照会すればすぐにバレてしまいます。

長期延滞

ローンやクレジットカード、奨学金、携帯機種代金の分割払いなどの返済が3ヶ月以上滞納した場合。

債務整理

任意整理、特定調停、民事再生、自己破産などの手続きを行った場合。

代位弁済

保証会社が借入金の返済を肩代わりした場合。

強制解約

長期延滞や犯罪などが理由で、借り入れの契約を強制的に解約させられた場合。

上記のような返済事故がある場合、全て信用情報機関に記録が登録されます。
自動車ローンの申し込みに際して情報の照会がされますので、返済事故がある場合には審査に通らないと思ったほうが良いでしょう。

信用情報機関への登録期間

信用情報機関への登録期間

ただし、信用情報機関に登録される期間は決まっており、それが過ぎると登録は抹消されます。
登録抹消までの期間は、下記の通りです。

・長期延滞 = 1~5年間
・任意整理 = 5年間
・民事再生 = 5年間
・自己破産 = 7~10年間
・代位弁済 = 5年間
・強制解約 = 5年間

ただし、家族に返済事故があった場合の対応は、それぞれの金融機関や貸付業者によって異なります。

ご自身の信用情報登録内容を確認したい場合には、信用情報機関に情報の開示を求めることができます。

審査に有利なポイント

審査に有利なポイント

一般的に自動車ローンの審査で審査に通りやすいと言われている年齢は、30~50歳です。
20代半ばくらいまでは収入が安定していないと判断され、高齢者の場合は仕事を退職して返済能力に欠けると判断されてしまうでしょう。

また、審査に通りやすい勤務先は下記のようになります。

高評価の職種

一部上場の大企業
公務員
医者
弁護士

評価が低い可能性がある職種

フリーター
パート、アルバイト
個人事業主
派遣社員
中小零細企業

ただし、評価が低い可能性がある職種であっても、絶対に評価が低くなるわけではありません。
勤務先と年収、勤続年数を総合的に見て、返済能力の有無を判断するのです。
フリーターや派遣社員であっても審査に通ることはあります。

ただし、収入が不安定だと判断されてしまうため、不利であることは確かでしょう。

さらに、勤続年数は最低でも1年以上、できれば3年以上であれば有利になるでしょう。
勤続年数が1年に満たない場合は、審査に通らない可能性が大きくなります。

それでも審査に落ちた場合

それでも審査に落ちた場合

勤務先、勤務年数にも問題はなく、これまで返済事故もないのに、それでも審査に落ちてしまった場合。

現在の他社借入が多額になっていませんか。
或いは、多重債務になっていませんか。
借入件数が多ければ審査には通りにくくなりますので、可能であれば数社をまとめて借り入れ件数を少なくする工夫をした方が審査には通りやすいでしょう。

また、審査に落ちたからと言って、短期間に続けて数社に申し込みをすると、審査に通りにくくなるので注意が必要です。

こういったローンは、申し込みをしただけで信用情報機関に登録されてしまいます。
短期間に3社以上の申し込みがあると、ほとんどの貸金業者や金融機関ではその顧客を敬遠します。
それは、数社の審査に落ちている人物を「何か問題があるのではないか」と考えるからです。
どうしても続けて申し込みをしたいときは2社までとし、3ヶ月以上空けて次の申し込みをするようにすると良いでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12