商工ローンの審査が甘いって本当なの?

商工ローンの審査が甘いって本当なの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

商工ローンの気になる審査

商工ローンの気になる審査

商工ローンは、言わば事業所や法人向けの消費者ローンです。
ノンバンクの貸金として、ビジネス向けの融資となっています。

かつては取り立てが厳しく、あまり良いイメージではなかった商工ローンも、現在は貸金業法の改正により取り立てに関する規制が厳しくなったため、強引な取り立てや督促は行われなくなりました。
過去の良くないイメージを払拭するために、商工ローンという名称を“ビジネスローン”としているところも多いようです。

銀行や個人向けの消費者金融など、お金の借り入れを利用したことがある方はご存知でしょうが、お金の借り入れをする時にはかならず審査があります。
それは商工ローンにも言えることで、商工ローンを利用する際には、申し込みをして、審査に通過して、その上でお金の借り入れをすることができるのです。

商工ローンの利用者は、ほとんどが事業経営者です。
また、申し込み者のほとんどは、銀行の融資の審査に通らなかった方や、既に銀行からの借り入れがあって追加融資が受けられなかった方などです。

銀行の融資は審査が厳しく、事業資金としての融資に関しては特に厳しい審査になると言われています。
つまり、商工ローンの審査は、銀行の融資の審査ほどの厳しくはないということです。

申し込み者の多くが、「銀行の審査に落ちたから、商工ローンしかない・・」と止むを得ない申し込みという場合が多く、“最終手段”という印象を持っている方が多いようです。
と言うのも、銀行の融資の利率が3~4%であるのに比べて、商工ローンの利率は8~20%と高くなっています。

事業資金としての借り入れの場合は融資額も大きくなるため、支払利息が多額になってしまい、返済が非常に大きな負担になることが想定できます。
そのため商工ローンの利用は“最終手段”と捉えられているようです。

実際に利用している方の多くが「思ったより簡単に審査に通った」と言い、金額に関しても「希望額の融資が受けられた」と言います。
担保や連帯保証人を求められる銀行の融資に比べて、商工ローンは無担保でOKという特徴があります。
ただし、場合によっては連帯保証人を立てることを求められることもあります。
 
審査基準は商工ローンを扱う会社によって異なりますが、下記の内容は外せない審査基準となっているでしょう。

①信用情報機関に金融事故の登録の有無
②他社借入の件数と金額
③税金の未納や滞納の有無
④直近の決算が黒字か赤字か
⑤業歴
⑥経営者の年齢

商工ローンの審査の甘さ

商工ローンの審査の甘さ

商工ローンの審査が比較的甘いのには理由があります。

では、なぜ審査が甘いのでしょうか。
それは金利の高さが挙げられます。

商工ローンの利用には、高金利が付き物です。
ですから、短期間の利用でなければ、利息の支払いだけで返済が困難になるでしょう。

長期の利用になれば、それだけ支払わなければいけない利息は高額になりますし、増える一方です。
ですから利用者のほとんどが返済計画をしっかりと立て、短期間で返済することを前提に利用しています。

金利が高く支払利息が高いため、審査が甘くなっているということです。

商工ローンを利用する際の注意点

商工ローンを利用する際の注意点

商工ローンを利用するときには、必ず返済計画をしっかりと立ててください。
返済する目途も立たないのに利用するのは止めましょう。

商工ローンの支払い利息の金額は、「なんとかなるだろう」くらいで支払っていける金額ではない場合があります。
融資額にもよりますが、高金利で支払利息が大きくなり、月々の返済のほとんどが金利の支払いになってしまうケースがほとんどです。
そのためなかなか元本が減らず、完済することが困難になってしまう場合もあります。

商工ローンの利用をする際には短期間で完済することを前提にし、長期の返済に及ばないよう返済計画を立てましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12