医療ローンの限度額っていくらぐらいなの?

医療ローンの限度額っていくらぐらいなの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

医療ローンとは

医療ローンとは

医療ローンは、高額な医療費の支払いを目的としたローンです。

高額な医療と言っても、ガン治療などの高額医療の場合は公的制度を利用して患者の負担額を減らすことができますし、ほかにも難病など国の制度を利用して一定額の負担で治療を受けることができるものもあります。

では、医療ローンを利用するのは、どんなときでしょう。

日本では、全ての国民が健康保険に加入しなければいけない義務があります。
健康保険があることで、保険適用となる治療は3割負担の費用で受けることが可能です。

しかし、保険適用外の自由診療を受ける場合は、患者が治療費を10割負担しなければいけません。

治療内容によっては非常に高額な請求をされることになりますし、長期に渡る治療であれば負担も大きくなってしまいます。
そのような場合、医療ローンを利用して、高額な治療費の支払いを分割で行うことができるのです。

医療ローンには一般的なローンと同様に審査があり、当然ですが審査に通らなければ利用することはできません。
審査基準はローン会社が公開することはありませんが、一般的には返済能力を判断する内容となっています。

・職業
・勤務先
・年収
・勤続年数
・他社借入
・家族構成
・居住形態

申込書には、上記のような内容の記入を求められます。
審査には数日~3週間ほどかかる場合があり、即日融資はできないものとなっています。

医療ローンの限度額

医療ローンの限度額

実は、医療ローンの審査は厳しいと言われています。
ですから医療ローンの審査に落ちても、クレジットカードの審査に通ることは普通にあります。

その理由として考えられるのは、利用額の大きさです。
医療ローンは、数十万円~数百万円の利用が一般的で、金額が大きくなるほど審査は厳しくなります。

では、医療ローンの限度額はいくらなのでしょう。
医療ローンもいろいろなクレジットカード会社や信販会社の取り扱いがありますので、限度額も会社によって異なります。
一般的には上限300万~500万円ということが多く、審査に通れば上限までの利用も可能です。

ただし、医療ローンは総量規制の対象となりますので、500万円の利用ができる人は年収1500万円以上の人ということになります。

貸金業法の改正により、総量規制では年収の1/3を超える貸し付けができないという決まりがあります。
ですから上限までの借入がしたいと思っても、年収が見合わなければ借り入れすることはできません。

医療ローンで足りない場合

医療ローンで足りない場合

総量規制により、医療ローンの利用だけでは医療費の支払いに足りない場合もあるでしょう。
その場合、現金で支払いができれば問題はありません。

しかし場合によっては、全額ローンで支払うことを予定していることもあるでしょう。
そのような場合はどうしたら良いのでしょうか。

例えば、年収が300万円だった場合、ほかに借り入れがなく審査に通れば、医療ローンで100万円の利用が可能となります。
治療費に200万円かかった場合、あと100万円を工面しなければいけませんね。

その場合、銀行や信用金庫など金融機関のフリーローンに申し込みをしてみましょう。
銀行や信用金庫は貸金業者ではないため、総量規制は無関係です。
ですから、総量規制いっぱいの借り入れがあったとしても、審査に通る可能性は大いにあるということです。

カードローンの場合、多くは初回の限度額が30万円で設定されることが多く、高くても50万円程度です。
フリーローンはカードローンよりも低金利である場合が多く、使途に関する制限も厳しくはありません。

消費者金融、クレジットカード会社、信販会社は総量規制の対象となるため、申し込みをしても審査には通らないでしょう。

ただし、利用する際には月々の返済総額を計算し、完済するまで返済を続けることが可能かどうか検討してください。
医療ローンも借金であることを忘れてはいけません。
無理のない返済計画を立てるようにしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12