年金担保融資の審査ってどんな感じ?

年金担保融資の審査ってどんな感じ?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

年金担保融資を受けるには

年金担保融資を受けるには

年金受給額が減っており、年金だけでは生活が困難だという方が増えました。

まとまったお金が必要となった場合、高金利の貸金業者からお金を借り入れして、その後の生活が成り立たなくなってしまうケースも実際にあり、年金担保融資という制度が作られました。
年金受給者だけが対象となっており、非常に低金利で利用することが可能です。

「年金担保融資を利用すると、年金は受給できなくなりの?」と思われている方も多いようですが、そんなことはありません。
返済は最低月々1万円となっていますが、金利が低いためきちんと返済をすれば大きな問題はありません。

年金担保融資は独立行政法人福祉医療機構(WAM)で取り扱っており、恩給・共済年金担保融資は日本政策金融公庫で取り扱っています。
年金を担保にした公的融資はこの2ヶ所のみとなっています。

万が一、『年金を担保に融資します』と謳っている上記以外の貸金業者があった場合、絶対に利用してはいけません。
印鑑や通帳、年金手帳の提出を求められますが、それらが違法行為となっていますので、利用しないで下さい。

但し、年金受給者を対象にした無担保ローンは違法ではありません。
よく見極めて、注意して申し込みをしてください。

年金担保融資に審査はあるのか?

年金担保融資に審査はあるのか?

年金担保融資は、年金の受給権が担保となっているため、難しい審査はありません。
しかし年金担保融資を受けるためには、いくつかの条件があります。

年金担保融資を受けられる人

独立行政法人福祉医療機構の規定により、厚生年金保険、船員保険、国民年金、労働者災害補償保険の年金受給者が対象となっています。
ただし、老齢福祉年金は対象外です。

使途

利用目的は非常に幅広く、保健医療、介護福祉、冠婚葬祭、教育、住宅改修等、事業維持、債務の一括整理などが対象となり、該当するものがなければ臨時生活資金として申請すると良いでしょう。

利用が認められないケース

・使途がギャンブルである
・生活保護を受けている
・生活保護を受けなくなって5年未満である

上記の条件を満たしていれば利用は可能でしょう。
ただし、既に年金担保融資を利用している場合は、利用はできません。

◎融資金額

融資金額には3つの条件を満たした範囲内という決まりがあります。
①10万~250万円で1万円単位(但し臨時生活費の場合は上限100万円)
②年金受給額の年額以内
③1回の返済額の15倍以内
上記の条件を満たした範囲内となります。

◎金利

金利は1.9%と非常に低く設定されています。

◎保証人

保証人を立てるか、或いは、信用保証機関に保証料を支払って信用保証を利用するかのいずれかを選択できます。

年金担保融資の返済

年金担保融資の返済

年金担保融資も借金であることに変わりはありませんので、もちろん返済しなければいけません。

返済方法は、年金が支給される偶数月に年金の支給がされる前に独立行政法人福祉医療機構(WAM)に入金される仕組みとなっています。
返済された残りの年金は、通常通りに年金受給者に振り込まれます。

ですから、基本的に返済を忘れることや、滞納することはありません。

基本的には定額返済となっており、1万円単位の指定した金額が返済に充てられます。
返済は年金受給が行われる偶数月のみとなっており、1ヶ月おきの返済です。

ただし、1回の返済額の上限は、年金支給額の半分までと決められており、それ以上の返済はできません。

以前は年金支給額全額の返済が認められていましたが、年金受給者の生活を考慮し、平成23年12月に改正となりました。
年金担保融資を利用し、返済計画を立てる際には、返済で差し引かれた残りの受給額で安定した生活が送れるかという点をよく検討しなければいけません。

年金担保融資は安全で安心な融資です。
しかし年金担保融資も借金であり、確実な返済をしなければいけません。
ご利用は計画的に、無理のない返済で計画を立てましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12