自動車ローンを滞納するとこうなる・・・

自動車ローンを滞納するとこうなる・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

自動車ローンの利用

自動車ローンの利用

多くの方が自動車を購入する際に自動車ローンを利用しています。
自動車ローンは販売店が取り扱っているオートローンのほかにも、銀行や信用金庫などで扱う商品もあります。

自動車ローンの利用には、ほかのローンの利用同様に審査があり、場合によっては通らない場合もあるでしょう。
過去に返済事故がある場合や勤続年数が1年未満の場合など、審査に通りにくいことが考えられます。

自動車ローンの返済

自動車ローンの返済

自動車ローンの返済は毎月一定額が銀行口座から引き落とされるのが一般的です。
月々の返済金額は、利用金額や返済期間によって異なりますが、利用の際には『いくら借りられるか』よりも『いくら返済できるか』を考えてローンを組む必要があります。

返済できずに滞納するようなことがないようにしなければいけませんが、病気やケガで仕事を休んだり、職場が倒産するなどの何らかの理由で仕事を失うなど、収入が断たれることは誰でも起こり得ることです。
そうなった場合、自動車ローンの返済を滞納してしまうこともあるでしょう。

自動車ローンの滞納

自動車ローンの滞納

自動車ローンを滞納したからと言って、すぐに自動車が回収されるわけではありません。
一般的には2ヶ月程度の滞納であれば、対応次第で回収を免れることは可能です。

所有権の持ち主やローン会社の方針などによって対応は異なりますが、ローン会社の自動車ローンを利用している場合はローンが完済されるまではローン会社に所有権があるため、返済が滞納されれば自動車を回収されても文句は言えません。

自動車ローンの滞納後の流れ

①返済期日に引き落とし不能の場合、電話で催促をされます。電話に応じなかったり、次の返済期日の約束をしない場合、電話は何度でもかかってきます。
取立て電話は9~21時以外は違法となるため、夜中や早朝にかかってきて悩まされることはありません。

②2度目の引き落とし期日に残高不足だった場合、自宅に督促状が届きます。

③一括返済を請求する督促状が届きます。
3ヶ月以上の滞納になると、ローンの一括返済を要求されます。

④自動車や給料の差し押さえが強制執行されます。
一括返済できない場合、裁判所への支払督促申立書が提出され、自動車や給料の差し押さえとなります。

差し押さえの強制執行

差し押さえの強制執行

自動車の差し押さえには、本人の同意を取ると言われています。
しかし“強制執行”となった場合には、基本的に本人が拒否する権利はありません。
差し押さえた自動車はローン会社の判断で売却されるかどうかが決定されますが、自動車を売却してもローンの残債を完済できない場合は、財産や給料の差し押さえをする可能性があります。

給料の差し押さえでは、手取り給料の1/4までの金額と決められていますので、毎月それ以上を回収されることはありません。
ただし、完済できるところまで毎月差し押さえが続きますし、給料が支給される前に徴収されてしまうので、当然会社にもバレることになります。
それが原因で会社を解雇される例も少なくはありません。

「自分に支払われるはずだった給料を差し押さえられただけで、会社には迷惑をかけていない!」と思うかもしれませんが、借金の返済ができないということは信用問題に関わります。

職種にもよりますが、現金を扱う仕事や人間性が重視されるような職業の場合、解雇になる確率は非常に高いと言えるでしょう。
会社は裁判所からの差し押さえの強制執行の通知を受けて事実を知ることになります。

信用情報

信用情報

自動車ローンの支払いがされずに強制的に契約が打ち切られた場合、信用情報機関に返済事故として登録されます。

また、それ以前に、返済が3ヶ月以上滞納した時点で、信用情報機関への登録はされてしまいます。
3ヶ月以上の滞納は、長期延滞として1~5年間は登録されますし、債務整理では5~10年間は登録された状態が続きます。

記録は一定期間で抹消されますが、それまではどんなことをしても記録を消すことはできません。
信用情報機関に記録されている期間は、ローンや借り入れ、クレジットカードを作ることもできません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12