医療ローンの金利について知っておきたいこと

医療ローンの金利について知っておきたいこと

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

医療ローンを利用するとき

医療ローンを利用するとき

病院での治療は、保険適用となる治療であれば費用は3割負担となりますが、保険適用外の場合は10割負担となります。
脱毛治療や美容整形、薄毛治療など、保険適用外となる治療は非常に高額で、治療を受けるにも費用の面で悩む場合があるでしょう。

そのような場合、医療ローンを利用して月々の返済をする方法があります。
費用面で不安がある場合には前以て病院に問い合わせをして、医療ローンの取り扱いがあるかどうかを確認すると良いでしょう。

また、医療ローンを利用する際には、毎月いくらの返済になるのか、何回払いなのか、その支払いは可能なのかを考えなければいけません。
ローンを利用するときには、審査に通るかどうかが気になることが多いようですが、大切なのはその後の返済に無理がないかどうかです。
無理な返済は避け、どうしてもその費用をかけなければ治療できない場合には、費用の一部を貯金するなど、頭金を用意するという方法も考えてみましょう。

医療ローンの金利

医療ローンの金利

医療ローンは、使途を医療費に絞ったローンです。
クレジットカード会社や信販会社の取り扱いとなっているものが多く、稀に銀行の取り扱いのものや、病院主体の分割払いを受け付けている場合もあります。

クレジットカード会社や信販会社の場合は、取り扱いがショッピングと同様になるため、金利も同じくらいに設定されていることが多いようです。
14%台ということが多く、医療ローンの相場と考えるといいですね。
銀行取り扱いの医療ローンの場合、10~12%程度と金利は低く設定されていますが、審査が厳しく他社借入がある場合や勤続年数が短い場合には、承認されるのは難しいことが多いようです。

また、病院主体の分割払いの場合、金利はゼロということが多く、クレジットカード会社や信販会社と提携している場合でも金利は病院負担ということがあります。
金利の支払いは、総額で見ると決して小さな金額ではありません。
特に元本が大きい場合、利息もその分多額となるため、金利ゼロというサービスは侮れません。

ただし、『金利ゼロ!』の場合には、万が一返済が遅延した場合の延滞損害金の割合など、別の部分での徴収が大きくなっている場合がありますので、確認して気を付けるようにしましょう。

一般的なローンとの違い

一般的なローンとの違い

医療費ローンとカードローンやフリーローンとの違いは、『使途の制限』です。
しかし使途の制限がない消費者金融から借り入れをするよりは、医療ローンのほうが金利は低いでしょう。

では、銀行のカードローンやフリーローンと比較するとどうでしょう。
金利面においては、場合によっては銀行のカードローンやフリーローンのほうが低いこともありますが、金利に関しては個別に比較しなければ一概には言えません。

また、申し込みから審査、融資の実行まで、医療ローンは2~3週間の期間を要する場合があります。
ですから、急ぎの場合には消費者金融や銀行のカードローンやフリーローンを利用したほうが早いでしょう。

一般的に医療ローンの審査は厳しいと言われていますので、医療ローンの審査に落ちた場合でも、銀行や消費者金融の審査には問題なく通る場合もあります。

利用の際に気を付けること

利用の際に気を付けること

医療ローンを利用する際、気持ちはその治療を受けたい一心である場合が多く、「ちょっと無理してでもこの治療を受けたい!」という思いを強くしている場合が多いでしょう。

しかしローンの返済は長ければ60回払いということもあります。
そのモチベーションを5年間維持することは、ほぼ無理でしょう。
「このローンさえなければ」と思う日が来ないとは限りません。

また、返済が長期に及べば、利用者本人の経済状況が変わっていることも考えられます。
『頑張れば払える金額』で返済を設定してしまうと、後々転職などを経て返済が困難になることも考えられます。
医療ローンを利用する際には、無理のない返済にするために、返済額や返済期間を考慮するようにしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12