自動車ローンは他社借入があっても利用できるのか?

自動車ローンは他社借入があっても利用できるのか?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

自動車ローンと他社借入

自動車ローンと他社借入

自動車ローンは総量規制の対象外です。
ですから、他社借入が年収の1/3を超えていても利用することは可能です。

しかしそれは総量規制の局面における話しで、『他社借入がいくらあっても自動車ローンは利用できる』というわけではありません。
自動車ローンには販売店で扱っているディーラーローンと銀行のローンがあり、いずれも審査があります。
審査の通りやすさや揃える書類の面倒が少ないのはディーラーローンの方ですが、手続きが面倒で審査結果が出るまで時間はかかっても金利が安いのは銀行のローンです。

他社借入があり審査に通る自信がないという場合には、現在ある借金をある程度減らすなど、数社を1社にまとめて借り入れ件数を少なくすると良いでしょう。
借金が減れば自動車ローンの審査に通りやすくなり、さらに返済に少しでも余裕を持つことができます。

特に他社借入が4件以上ある場合には、2件程度に減らす努力をしてください。
同じ金額の借り入れであっても、借り入れ件数が多くなると審査には絶対的に不利になります。

例えば、100万円の借り入れを2社からしている人と、100万円の借り入れを4社からしている人では、前者のほうが審査には通りやすくなっています。
他社借入がある場合には、なるべく借り入れ件数を減らすようにしましょう。

自動車ローンの審査に落ちたら

自動車ローンの審査に落ちたら

他社借入があって、自動車ローンの審査に落ちた場合、上記にもありますようにまずは借り入れ件数を減らしてください。
可能であれば、おまとめローンなどを利用すると良いでしょう。

借金の返済に力を入れて他社借入の借入額が減ってきたら、完済するまでもなく、もう一度自動車ローンに申し込みをしてみると良いでしょう。
前回の申し込みよりも最低でも半年以上は空けると良いですね。

短期間に複数回の申し込みをしたことは信用情報機関に記録として残るため、審査に通りにくくなってしまいます。
半年経過すれば申し込みの記録は抹消されますので、影響はないでしょう。

また、他社借入以外の原因はないか、よく考えることも必要です。
過去に債務整理をしていないか、過去に返済滞納をしていないか、勤続年数は1年未満ではないか、収入が不安定ではないか、など、ほかにも審査に落ちてしまう原因はあります。

他社借入だけが原因でない場合、ある程度借金を減らしても審査に通らないこともあります。
原因に心当たりがある場合には、ある程度の期間、条件が揃うまで待つことが有効ですね。

どうしても自動車ローンの審査に通らない場合には、現金で支払うことも考えて貯金するのも良いですね。
現金払いにすると、何より金利が付かないのでお得です。
面倒な審査もなく、ローンの返済ができずに苦悩することもありません。

他社借入がある場合のリスク

他社借入がある場合のリスク

他社借入があって自動車ローンを利用した場合、月々の返済は総額いくらになりますか。
それは返済可能な金額でしょうか。

返済には余裕が必要です。
収入ギリギリまでの返済をしていては、何かイレギュラーな出費があったときに対応できません。

他社借入と自動車ローンの月々の返済額の合計を計算してみてください。
借金は、“いくら借りられるのか”より“いくらずつ返済できるか”を重視する必要があります。

収入-生活費(住宅費、食費、日用品費、雑費、保険料、携帯電話料金など)-貯金額=返済に充てられる金額

借り入れが多くなると、月々の返済額も大きくなってしまいます。
自動車は必需品かもしれませんが、返済が困難であれば考え直す必要があるかもしれません。

無理をして自動車ローンを利用しても、返済ができなければ結果的には自動車を回収されてしまう可能性があります。
まずは他社借入を減らして、審査に通りやすい状況を作りましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12