金融事故があっても住宅ローンは利用できる?

金融事故があっても住宅ローンは利用できる?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

金融事故とは

金融事故とは

金融事故とは、簡単に言うと借金に関するトラブルのことです。
具体的には、返済の滞納、遅延、債務整理(任意整理、特定調停、民事再生、自己破産)などを指します。

これらの金融トラブルがあると信用情報機関に登録され、内容によって3~10年間は記録が残ります。
この登録された状態が、いわゆる“ブラックリストに載っている”という状態です。

信用情報機関に加盟している金融機関や貸金業者、クレジットカード会社では、申し込み者の審査の際に信用情報機関に情報の照会を行うことができるため、記録が残っている期間は金融事故の事実を隠すことはできません。

ただし数日の遅延に関しては、登録はされますが審査への影響はほとんどないと言えるでしょう。
数ヶ月の滞納があった場合には、金融事故として扱われます。

住宅ローンの審査

住宅ローンの審査

自宅の購入のために住宅ローンを利用する方は非常に多くなっています。
しかし、多くの方が利用しているからと言って、誰でもすぐに利用できるというわけではありません。
住宅ローンにも審査はありますし、審査に落ちる人もいます。

審査内容は金融機関によって異なりますが、多くが下記のような内容を基準としているようです。

・年齢
・年収
・勤務先
・勤続年数
・家族構成
・他社借入
・金融事故の有無

借金を経験したことのある方の場合、過去の金融事故について気になる方が多いようです。
過去の金融事故は住宅ローンの審査に影響するのでしょうか。

金融事故の住宅ローンへの影響

金融事故の住宅ローンへの影響

金融事故がある場合、住宅ローンの審査に通るのは難しいでしょう。

金融機関の住宅ローンは、慈善事業ではありません。
お金の貸し付けをして、利息を利益として得ることを目的とした業務です。
つまり回収できなければ赤字だということです。

過去に金融事故がある場合、その申し込み者から利益を得ることができない可能性があり、最悪の場合赤字になってしまうことが想定できます。
金融事故の記録がある方はその内容にもよりますが、返済能力が『低い』、或いは『ない』と見なされてしまうのです。

ただし、信用情報機関の登録は一定期間を過ぎれば抹消されます。
登録が抹消された後であれば、金融事故の事実を知られることはありませんので、審査に通る可能性は大きくなるでしょう。

ご自身の現在の信用情報機関の登録状況を知りたい場合は、信用情報機関に情報開示の申し込みをすると良いでしょう。

登録が抹消された後でも

登録が抹消された後でも

金融事故の登録期間が過ぎて記録が抹消された後でも、稀に審査に影響することがあります。
信用情報機関に金融事故の登録がされている期間は、住宅ローンだけでなく貸金業者からのお金の借り入れやクレジットカードの利用もできなくなります。
つまり、その期間は新たな借り入れが増えることがないということです。

金融事故の登録期間が過ぎて記録が抹消されると、加盟している金融機関などが信用情報機関に情報を照会しても登録されていることは全くなく、真っ白な状態です。
それがベストだと思われがちですが、その状態こそ審査に影響する原因となってしまう場合があります。

金融機関では、こう考えます。
「今どき、クレジットカードの1枚も持っていないのか?」
「借り入れが1件もなく、クレジットカードもないということは、金融事故の登録期間が過ぎたばかりかもしれない」

おかしな話しですが、クレジットカードくらいはあった方が信用されるようですね。

過去に金融事故がある場合

過去に金融事故がある場合

もしも過去に自己破産や民事再生など、金融事故の経験があるという場合、住宅ローンの申し込みをする前に信用情報機関に情報の開示を求めましょう。

金融事故の登録がある場合、可能であればほかの家族の名義で申し込みをすると良いでしょう。
金融事故はあくまでも本人のみに影響するもので、家族には一切関係ありません。
ですから、収入のあるほかの家族の名義で申し込みをすれば、金融事故が影響することはないのです。

ただし、どうしても本人の名義で申し込みをしたいという場合には、信用情報機関の記録が抹消されるまで待たなければいけません。
一定期間が経過すれば記録は必ず抹消されますが、金融事故の内容によってその期間は異なります。

また、過去に金融事故がある方は特に計画的な返済を心掛け、二度と金融事故を起こさないように気を付けなければいけません。
『いくら借りられるか』ではなく、『いくらずつ返済できるか』を考えて借り入れ金額を決めるようにしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12