年金担保融資の限度額はいくらなの?

年金担保融資の限度額はいくらなの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

年金担保融資を利用できる人

年金担保融資を利用できる人

年金担保融資は、年金受給権を担保に入れてお金の借り入れをすることができる制度です。
収入がなくなるとお金の借り入れをすることは難しく、急にまとまったお金が必要なときに困ってしまう高齢者は非常に多くいます。

そして、さらに収入がないことで金融機関や消費者金融からの借り入れできない状況になり、闇金融に手を出して大変な末路を経験した方も少なくない数となっています。
そのような背景があり、年金担保融資は高齢者の強い味方となっています。

ただし、年金担保融資の利用には、いくつかの条件があります。

利用できる人

・年金証書を所持し、公的年金を受給している人
・年金の支給が全額停止となっていない人
・生活保護を受けていない人
・生活保護を受けなくなって5年以上経過している人

上記の条件が満たされなければ、利用はできません。
また、既に年金担保融資を利用している人は、重ねて利用することはできません。

年金担保融資の限度額は?

年金担保融資の限度額は?

年金担保融資も「いくらでも貸しますよ」というものではありませんので、限度額があります。
融資金額は、3つの条件を満たす必要があり、下記の条件を満たした金額が限度額となります。

融資金額

・10万~250万円で1万円単位(ただし臨時生活資金の借入は上限が100万円)
・受給している年金の年額以内
・1回の返済の15倍以内

上記のことをご自身に当てはめると、借り入れ限度額が計算できます。

返済

返済

ただし、年金担保融資も借金であることを忘れてはいけません。
当然ですが、確実な返済が求められます。

返済は、年金受給月の偶数月に、年金支給額から独立行政法人福祉医療機構(WAM)に返済分が支払われます。
先取りされますので、返済のし忘れなどはないでしょう。

しかし心配されるのは、返済後に受給される年金で生活が成り立つのかということです。
早く完済しようと高額な返済で設定すると、生活そのものが破綻してしまう恐れがあります。
あくまでも生活が成り立つ受給額を残すことを目安にしなければいけません。

以前は受給される年金から全額返済に回すこともできましたが、現在は無理な返済をさせないことを目的として返済額は年金受給額の半分までとなっています。

また、返済の下限は1万円です。
返済額の設定は、生活費など必要な金額をきちんと計算し、計画的な返済をするようにしましょう。

闇金に注意

闇金に注意

『年金を担保に融資します』という条件でお金の貸し付けをしている機関が独立行政法人福祉医療機構(WAM)以外の場合、それは違法な貸金業者であると考えましょう。

年金を担保にするために「実印と印鑑証明、年金手帳の提出をお願いします」と言われても、絶対に出してはいけません。
違法な貸金業者=闇金ですので、法外な高金利を短期間で何度も回収され、年金受給月には年金受給額の全てを持って行かれる場合もあります。

実際に多くの年金受給者が、闇金の被害に遭っています。
困っているときに簡単にお金を貸してくれる人はいい人に感じられるかもしれませんが、それは“いい人”ではなく“無責任な人”です。
どんなにいい人に見えても、優しく親切な人だったとしても、絶対に騙されてはいけません。

年金受給権を担保にお金の貸し付けができるのは、独立行政法人福祉医療機構(WAM)だけだということを忘れてはいけません。

もしも年金担保融資でお金を借り入れしても足りない場合は、金融機関の年金受給者を対象とした『無担保ローン』に申し込んでみると良いですね。
ただし、返済可能な金額を考慮し、借り入れ金額を決めるようにしましょう。

「なんとかなるさ!」では、なんともなりません。
返済計画を立て、安心の融資を利用しましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12