医療ローンを解約することはできるの?

医療ローンを解約することはできるの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

医療ローンの利用

mo2626_m

医療費が高額になった場合や、保険適用外の自由診療の場合など、医療ローンを利用して支払いを行うことができます。

取り扱いは病院によって異なり、利用したい場合には問い合わせをすることをお勧めします。
医療ローンの大元は金融機関や信販会社である場合が多く、中には病院自体が医療費の分割払いを承認している場合もあります。

美容整形や薄毛治療、審美歯科、インプラント治療など、保険適用外の治療の場合、治療費は10割負担となります。
その場合、一般的には病院に請求されたら、その場で全額支払うのが一般的です。

しかし保険適用外の治療の場合、治療費が非常に高額であるため、多くの方が医療ローンを利用しています。

審査と金利

Businessman pushing big virtual percent.

医療ローンは、実はローンの中でも審査が非常に厳しいことで有名です。
通常のカードローンなどで審査に通る方でも、医療ローンの審査には落ちてしまうというケースも珍しくはありません。
ただし、審査基準は大元となっている会社によって異なります。

また、金利も高く、消費者金融並みで設定している場合が多くなっています。
大元となっている会社が銀行か信販会社かでも、金利は大きく差が出るでしょう。
金利が高い場合、可能であれば銀行のフリーローンなど金利の低いローンを利用した方が、確実にお得だと言えるでしょう。

医療ローンの解約

mo2628_m

治療の依頼をして医療ローンの申し込みをしたものの、「よく考えたらこんなに高い治療は受ける必要はない」などと、治療そのものをキャンセルするケースはあるでしょう。
美容整形などでは、治療そのものが怖くなってキャンセルする方も少なくありません。

また美容整形外科を訪れてちょっと相談するつもりだったのが、話しているうちにテンションが上がって契約してしまった場合や、薄毛治療など自分が気にしている部分の治療を検討している場合など、話を聞いているうちに気持ちが集中してしまい成り行き上で治療を受ける方向で話しを進めてしまったということもあるでしょう。

ケースバイケースですが、そういったところでは本人の決心を急がせたり、多少強引に話しを進める場合があります。
そういった場では、本人も冷静さを欠き、強く進められるままに同意をしてしまうことはあるでしょう。
後々、帰宅してから後悔したり、考え直すこともあるでしょう。

そういった場合、医療ローンを解約することはできるのでしょうか。

まず、医療ローンの契約書に目を通し、解約に関する文書があれば確認しておきましょう。
契約書に『解約はできない』とあれば、諦めなければいけませんね。
場合によっては交渉に応じてくれることもありますので、弁護士に相談してみると良いでしょう。

しかし契約書に解約に関する明確な記載がない場合、解約に応じてもらえる可能性はあります。
ただし、治療をすることが決まっていて医療ローンの契約が成立すれば、ローン会社から病院にお金が支払われるため、ローン会社としては契約者に返済をしてもらう以外方法がない場合もあります。
そのような場合には、治療のキャンセルをしたら病院側からの返金を受け、ローン会社に支払う形を取ることになるでしょう。

しかし中には、本人の都合による治療のキャンセルには返金をしない病院もあります。
そちらも契約書があれば確認をしてください。

このような場合、第三者を立てて話し合うことをお勧めします。
法律の専門家である弁護士に相談をして、可能であれば話し合いに同席してもらいましょう。
また、ローンの解約に関しては、消費者センターに相談をして対応してもらう方法もありますね。

すぐに諦める必要はありませんが、ローンの解約に関しては認められないケースがほとんどだということを覚えておきましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12