教育ローンの申し込みの際に他社借入がある場合は?

教育ローンの申し込みの際に他社借入がある場合は?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

教育ローンは総量規制対象外

教育ローンは総量規制対象外

貸金業法により定められている総量規制は、『貸金業者は利用者の年収の1/3を超える貸し付けをしてはいけない』としています。
これは社会的問題にもなった多重債務者をなくすための取り組みで、貸金業者の『貸し過ぎ』を回避するための法律です。

貸金業法は貸金業者を対象とした法律ですので、主に消費者金融やクレジットカード会社、信販会社が対象となっています。
教育ローンは、国の機関や銀行、信用金庫で取り扱っている商品ですので、貸金業者には当てはまらず、総量規制の対象外となります。

つまり、現在貸金業者から年収の1/3を超える借り入れがある場合でも、問題はないということです。

他社借入がある場合

他社借入がある場合

ただし、総量規制の対象外だからと言って、いくら借金があっても教育ローンの利用が可能だというわけではありません。
教育ローンにも審査はありますので、審査に通らなければ融資を受けることはできないのです。

多重債務で返済がギリギリになっている状況であったり、収入に対する返済額に無理があるようでは、審査は通らないでしょう。
『教育ローンだから審査に通りやすい』ということはありません。

数社から借り入れがある場合にはおまとめローンを利用するなどして、借金の一本化を検討してください。
おまとめローンの利用ができない場合でも、ご自身の借金の中でまとめられる金額の借金はまとめるようにしましょう。

借金は、借り入れ金額よりも借り入れ件数が重視されます。
言い換えれば、借り入れ件数が多い方は敬遠されてしまうのです。
ですから、まずは借り入れ件数を減らす努力をしてください。

目安は3件。
4件以上にならないようにしてください。

審査に通るためには、条件を満たす必要があります。
教育ローンを利用する予定がある場合には、早めに対策をすることをお勧めします。

また、最も重要なこととして、現在の借金返済にプラスして教育ローンの返済をしていくことが可能であるかどうか、という点を考慮する必要があります。
どんなに必要なお金であっても、無理をしなければ返済できないようでは、その先に不安が残ります。

教育ローンの場合、返済期間は長くなりますので、完済するまでの返済に関して責任を持たなければいけません。
連帯保証人を立てた場合、返済が滞納したり、返済できずに債務整理をすると、連帯保証人に迷惑をかけることになってしまいます。

借金で重要なのは、『いくら借りられるか』よりも『いくらずつ返済できるか』ということです。

教育ローンも借金です。
しっかりと返済計画を立てた上で利用するようにしましょう。

教育ローンの利用ができない場合

教育ローンの利用ができない場合

教育ローンは保護者の申し込みとなり、返済義務は保護者にあります。
ですから、保護者が他社借入をしていて審査に通らなかった場合は、奨学金の申し込みをすることをお勧めします。

奨学金は学生本人の申し込みとなり、学生本人に返済義務があります。
ですから、保護者の他社借入が影響することはありませんし、教育ローンとは全く別の審査となりますので、教育ローンの審査に落ちたことも影響しません。
奨学金の申し込みは毎年春に受け付けが開始され、成績と世帯収入が条件となります。

また、奨学金の返済は大学を卒業後の10月に開始されますので、就職が決まっていなければ返済に慌てることになってしまいます。
返済期間は利用額にもよりますが、12年~20年となります。
長い期間の返済となりますので、無理のない返済計画を立てる必要があります。

奨学金は、いつでも申し込みを受付している教育ローンと異なり、受け付けは年に1回となるので逃さないように気を付けましょう。
高校在籍中であれば高校で申し込みができますし、大学進学後であれば大学で申し込むことができます。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12