「街金は借りやすい」は本当か?

「街金は借りやすい」は本当か?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

街金の審査

街金の審査

街金は、一般的に審査が緩いと言われています。
大手消費者金融で借り入れができない人でも、自己破産や民事再生などの債務整理をした人でも、相談次第で借り入れをすることが可能です。
一般的に「借りやすい」というイメージがある街金は、本当に「借りやすい」のでしょうか。

街金では、自己破産や民事再生などの債務整理をした人でも借り入れすることが可能な場合があります。
また、他社借入件数や借入額が多く、一般的な貸金業者では貸し付けの申し込みをお断りするような場合でも、街金では貸し付けすることが可能である場合があります。

気になるのは審査基準ではないでしょうか。
街金の審査基準は、一般的な貸金業者とは全く異なります。

と言うのも、街金は一般的な貸金業者からの借り入れができない人を対象にしてお金の貸し付けをしているからです。
債務整理や返済の滞納、多重債務、年収や勤続年数の不足など、一般的な貸金業者では絶対に貸付をしない条件の人であっても、相手の事情や状況によって貸付を行います。
そのため独自審査基準を持っています。

街金も信用情報機関に加盟し、申し込み者の信用情報を照会することが可能です。
他社借入があることも、債務整理や返済の滞納などの金融事故があることも、確認することが可能です。
決して、嘘を信じたり、騙されてお金の貸し付けをしているわけではありません。

街金の審査に落ちる例

街金の審査に落ちる例

街金は借りやすいというイメージから、審査に落ちることなどないと勘違いしている人もいるかもしれませんね。

しかし街金だって、誰でもお金の貸し付けをするわけではありません。
審査が緩いと感じる人がいる一方で、審査が厳しいと感じる人もいるのです。
街金の審査に落ちた人にとっては、「街金の審査は厳しい」と感じられるということです。

確かに、下記の条件を見ると審査が緩いを感じるかもしれませんが、街金では独自審査基準を持っているため、決して緩いばかりではありません。

・総量規制オーバーでも融資してくれる
・他社借入が多くても融資してくれる
・他社延滞中でも融資してくれる
・債務整理をしたけど融資してくれる
・無職でも融資してくれる

上記を見る限り、「それじゃあ、誰でも借り入れできるのと同じじゃないか」と思うかもしれませんね。
しかしそれでも審査に落ちる方はいるのです。

街金は、いま人生のどん底にいたとしても、人生をやり直したい!と強く切望している人を応援します。
ですから、「街金だから、誰でもお金を貸してくれるんだろう?」などという軟弱な態度で申し込みをした人には、全く心を動かすことはないでしょう。

金融事故は『ある』より『ない』に越したことはありませんし、他社借入も少ないに越したことはありません。
しかし何より街金が重要視しているのは、その人の心意気であり、人生を本気で再生する気があるかどうかというところです。

いま無職であっても、必ず仕事を見つけて死ぬ気で働くという意気込みがあれば、お金の貸し付けをする場合があります。
また、自己破産をしてほとんどの財産を失った人であっても、「以前のような家庭を取り戻したい!」と強く願っている人であればお金の貸し付けをすることもあります。

決して審査に緩いのではなく、審査基準のポイントが全く違うということですね。

街金融は借りやすいのか

街金融は借りやすいのか

ですから、「街金融は借りやすいのか?」「借りにくいのか?」という質問があれば、その人によって答えは違ってくるでしょう。

ほかの貸金業者から借り入れができずに、ただお金の借り入れをしたくて申し込みをした人とっては『借りにくい』と感じるかもしれませんし、人生の再生を賭けて必死な思いで借り入れの申し込みをした人にとっては『借りやすい』と感じるかもしれません。

ただし、街金もただ人情だけでお金の貸し付けをしているわけではありませんので、具体的なプランや現状に関する詳細などを聴き取りされることはあるでしょう。

嘘は必ずバレます。
一旦信用を失うと、絶対に借り入れをすることはできません。

『借りやすい』街金は、『借りにくい』一面を持っていることを忘れてはいけません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12