街金の審査基準は?

街金の審査基準は?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

融資の際の審査

融資の際の審査

お金の融資やクレジットカードやローンの申し込みの際、必ず審査が行われます。
一般的に、最も審査が厳しいのは、銀行や信用金庫などの金融機関だと言われています。
勤続年数、年収、他社借入、債務整理や滞納の有無など、全てに関して厳しい審査が行われます。

例えば、勤続年数は1年未満では審査に通ることはありません。
3年以上であれば問題はありませんが、3年未満の場合は限度額が低く設定される場合もあるでしょう。

また、他社借入に関しては、2社までであれば辛うじて審査に影響がありません。
理想的には0~1社ですが、最近はクレジットカードの1枚や2枚の利用が当たり前ですので、2社まではOKとされています。
ただし、貸金業法の改正で制定された総量規制に関しては、銀行は対象外となっているため年収の1/3を超える借り入れとなっても影響することはありません。

次いで、大手消費者金融やクレジットカード会社が挙げられますね。
銀行ほどの厳しさはありませんが、他社借入は3~4社より多くなれば審査に通ることはないでしょう。

審査は、申し込み者の返済能力を確認し、信頼できる人間であるかを計るものでもあります。

・十分な収入はあるか
・収入は安定しているか
・他社借入が多く返済が困難ではないか
・債務整理をしていないか
・滞納はないか
・転職で収入が途切れることはないか(勤続年数)
・いつでも連絡が取れるか
・不審な言動はないか

など、様々な方面から審査が行われます。

審査基準は金融機関や貸金業者によって異なりますが、大体は同じようなところで審査が行われます。
ただし、会社によって設定している線引きは多少異なるでしょう。
ですから、A社では審査に落ちたけど、B社では審査に通ったということもあります。

街金の審査は緩い?

街金の審査は緩い?

街金は小規模な貸金業者で、消費者金融のような華やかさは一切ありません。
カードローンなどというものもなく、基本は店頭融資、或いは振り込みとなります。

申し込み者と直接話しをしたり、対面したりして、為人を見て判断するような一面があり、決して条件だけで貸し付けを行うことはありません。
街金には独自審査基準があり、銀行や消費者金融にはない発想や判断基準があるようです。

例えば、多重債務者となって滞納がある人であっても、「何とか人生の再生を賭けて借り入れの一本化をし、完済を目指したい」という申し込み者がいれば、その意気込みを買って融資をして借金の一本化をする場合もあります。

また、自己破産をしてどこからもお金の借り入れができない人であっても、「お金の借り入れをして、事業の立て直しをしたい」と具体的な計画を提示できれば、融資をする場合もあります。
一般的に借り入れをすることができないと言われている滞納や債務整理があっても、街金では貸し付けをする場合があるということですね。

ここまでの話しでは、『審査が緩い』と感じるかもしれませんね。
しかしその一方で、返済能力に問題はなく、どこからでもお金の借り入れができそうな人であっても、借り入れにそれほど具体的な目的もなく、返済計画もない場合、審査に落ちてしまう場合もあるでしょう。
決して、審査が緩いだけではない、ということです。

どこからも借り入れをすることができず、さらに街金でも審査に通らなかった場合、既に借り入れは無理だと判断するしかありません。
それでもどうしてもお金が必要だという場合は、債務整理も視野に入れて弁護士などの専門家に相談をしたほうがいいでしょう。

もう返済をすることができない状態だということです。
これ以上、借入を求めると、闇金融からの借り入れとなってしまいます。
闇金融だけは、絶対に利用してはいけません。

闇金融に借りないといけない状況なら、債務整理を検討することをおすすめします。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12