商工ローンと銀行融資・・・どっちがいい?

商工ローンと銀行融資・・・どっちがいい?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

商工ローンと銀行、優先すべきは・・

商工ローンと銀行、優先すべきは・・

商工ローンと銀行融資、優先すべきはもちろん銀行融資です。

商工ローンの金利は8~20%であるのに対して、銀行では事業所や法人向けに3~4%で貸し付けを行っています。
圧倒的な金利の安さで、銀行を優先するのは当然ですね。

商工ローンを利用するとき

商工ローンを利用するとき

商工ローンを利用する方は、「銀行の融資が受けられなかった」「既に借り入れがあり、追加融資を受けられなかった」といったケースが多くなっています。
「運転資金の追加が必要で、止むを得ず商工ローンを利用する」というケースが多く、金利の高さを考えたら、商工ローンはできれば利用したくない融資ではないでしょうか。

かつては取り立ての厳しさで敬遠されていた商工ローンですが、現在、貸金業法の改正により取り立てや督促の規制が厳しくなったため、かつてのような強引な取り立ては違法となってしまいます。
ですから、取り立てや督促に関する心配は無用です。

ただし、商工ローンを利用したことによって、金利の高さから経営状況が悪化することも考えられます。
また、銀行からの融資が返済できずにさらに融資を受けることを検討している場合、それは自転車操業の始まりです。
或いは、もう既に自転車操業に陥っているのかもしれません。

返済のための借入はしてはいけません。
さらに返済が困難になることが目に見えています。

商工ローンを利用する際は、高金利の支払いを考慮して、短期間で完済できる返済計画で利用するのが理想です。

まず銀行への相談

まず銀行への相談

運転資金などが必要な場合、まず銀行へ相談に行きましょう。
既に融資を受けている場合でも、追加融資の申し込みをしてみると良いですね。

しかし銀行の審査に通るとは限りません。
銀行の審査は厳しいため、審査に落ちるケースは珍しいことではありません。

ここで考えなければいけないことは、商工ローンを利用しても返済は可能なのか?ということです。
運転資金の融資は決して小さな金額ではありません。
大きな金額の融資に高い金利の利息が付いた場合、支払利息の負担が非常に大きくなります。
支払利息が高すぎて元本がなかなか減らず、長期に渡る返済になりがちです。
しかし長期になればなるほど支払利息の金額が大きくなり、経営状態に悪影響を与える恐れは大きくなります。

もしも商工ローンを利用する際には、短期間の利用で完済できるよう返済計画を立て、目処が立たないようであれば商工ローンの利用は見合わせましょう。
可能であれば再度銀行に融資条件の緩和について申し出をしてみましょう。
きちんと返済している実績があれば印象は悪くないでしょうし、その後もしっかり返済できていれば、継続した取り引きが可能となるでしょう。

商工ローンの利用で銀行との関係が悪化する?

商工ローンの利用で銀行との関係が悪化する?

銀行側の立場で考えてみましょう。
わざわざ金利の高い商工ローンを利用している事業所にどんな印象を持ちますか。

「切羽詰まった状況なのかもしれない」
「資金繰りに余裕がないのか」
「経営状況が悪いのか」

いずれにしても好印象を持つことはないでしょう。
経営状態が良くないから商工ローンから借り入れしているのだろうし、一時的な繋ぎでも商工ローンを利用するほど状況が悪いと解釈されても仕方がないでしょう。

融資の申し込みに来た事業所の経営者が商工ローンを利用していたら・・。
銀行側としては、新規の融資申し込みを快く受けることはできないでしょう。
銀行融資の審査基準の一つとして、“商工ローンの利用”は大きな判断基準となります。

もちろん、『商工ローンの利用=経営の悪化』ではないケースもあるかもしれません。
しかしそんな賭けをして審査に通すような危険な真似を、銀行が好んですることはありません。

経営状況が安定し、税金の滞納なども一切なく、大きな問題がないのに商工ローンの利用がある場合。
経営状態の悪化を疑うことはないかもしれませんが、商工ローンの金利の高さが負担となってこれから経営状況が悪化することを懸念する場合もあります。

銀行は、危ない要素のある融資は絶対にしません。
だから『審査に厳しい』と言われているのです。
銀行との取引を長く継続することを考えた場合、商工ローンの利用は避けるべきでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12