長く続く借金生活・・・どのタイミングで法的整理を考える?

長く続く借金生活・・・どのタイミングで法的整理を考える?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

年収に対する借金の割合

年収に対する借金の割合

借金が増えて返済が困難になると、法的整理を考える方もいるでしょう。

しかし、多くの方が「どのタイミングで相談したらいいんだろう?」「まだ大丈夫かもしれない」「来年までは頑張ってみよう」などと考えて、相談に行くのを先送りにしているようです。

では、いくらの借金で法的整理を考えればいいのでしょうか。
借金の金額で『○○円以上』という風に指し示すことができないのは、それぞれの収入に違いがあって、独り身なのか妻帯者なのか、或いは扶養家族が何人いるのかなどにもよるからです。

例えば、もう既に法的整理をするべきだと考えられる方が、法に頼らず自力で完済を目指すことは、決して良い方法ではありません。
また、逆に、まだまだ返済が可能であるにも関わらず、法的手段で借金を整理するのも良いとは言えませんね。

つまり、それぞれがご自身に合った方法で対処していくことが望ましいのですが、その境目はどこにあるのでしょう。

借金の返済が苦しくて生活もままならないから、法的な手段で借金を整理しますか?
それとも、もう借金できないくらいに金額が膨れ上がってしまったので、整理しますか?

返せる範囲であれば通常返済が望ましいですし、その先に借金地獄が待っているという状態であれば法的整理を考えましょう。

目安はそれぞれの年収です。

借金の総額が年収のおよそ3分の1に達したら、それは借金地獄が目前だと言っても良いでしょう。
つまり、年収300万円の人では100万円の借金、600万円であれば200万円の借金で、返済が困難になってしまった場合、債務整理を考える目安になるということです。

「自分はそれくらいの借金があるけど、まだまだ大丈夫」という方ももちろんいらっしゃるでしょう。
あくまでも目安です。
これ以上の借金は望ましくないということです。

返済のための借金…

返済のための借金…

また、別の角度から申し上げると、返済が困難になって返済のためにさらに借金をするようになったら、それはもう債務整理を考えなければいけません。

返済するために借金をするということは、永遠に借金はなくなりませんし、増える一方だということです。

今回だけ、今だけ、と思っていても、A社から借金をしてB社に返済するようなやり方は、ただただ金額を移動させて新たな金利を付けるだけのことです。
全く返済になっていませんし、借金を増やす結果となってしまうことを自覚しましょう。

また、取り立てや督促を免れるためだけに、金利だけを入金しているような場合も、同様のことが言えますね。
金利だけの入金をしていても借金は全く減りません。
そうなったとき、自分では上手く回しているつもりかもしれませんが、その借金はまるで雪だるまのように大きくなっていくだけだということに気付いてください。

自分の収入で借金の返済ができなくなったら、そのときは専門家に相談をしましょう。
早い方が良いでしょう。
債務整理にはいくつかの方法がありますので、早い段階で相談をした方がより良い方法を執ることができます。

現状を把握して専門家への相談を

現状を把握して専門家への相談を

借金にはもちろんご自身の責任があります。
しかし頑張ることにも限界があるということは、法で認められているのです。

専門家への相談は、一般の方にとっては敷居が高く、場合によっては怖いと感じることもあるでしょう。

借金を払えなくなって相談するなんて・・・。叱られるのではないか。罵られたりバカにされるのではないか。
そんな不安を抱く方は非常に多くいます。

しかし多くの方が、「もっと早く相談すれば良かった」と言い、「相談することで安心した」などと安堵の表情を浮かべます。

相手は、日々、借金の返済に苦悩している人たちの相談を受けている専門家です。
素人よりもたくさんの知識を以て、困難な借金返済を解決している人たちです。

大丈夫です。決して悪いようにはしないでしょう。
安心して相談してください。

『年収の3分の1』或いは『返済のために新たな借金をするようになったら』を目安に専門家への相談を検討してみましょう。


おすすめの人気記事

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.05