借金完済後、借金生活に戻らないために・・・

借金完済後、借金生活に戻らないために・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金生活へのピリオド

借金生活へのピリオド

大変な借金の返済をしてきた人や長く借金を繰り返してきた人、なかなか完済できずに長期間の返済をしてきた人など。
借金生活を送ってきた人にとって、完済するということは特別なことかもしれませんね。

借金を完済できたら、安堵の想いと達成感を感じるかもしれません。
そういった方にとっては当然、苦しい借金生活にピリオドを打つわけですから、嬉しくないわけがありません。
それまでの苦労を思うと、それはそうでしょう。

「完済するのは本当に大変だった」「やっと完済して解放だれた」と思う反面、その先に『再び、借金生活に戻る』可能性がないとは言えません。
「あんなに大変な思いをして返済したんだから、もう二度と借金はしない」「二度と御免だ!」と思っている方は大丈夫かもしれませんね。

ただし、「自分は大丈夫!」と思っている人でも、借金を抱えてきた経緯があるわけですから、可能性はゼロではありません。
ご自身のことでありながら、油断はできないということです。

完済後の心理

完済後の心理

問題は、借金を完済したことで、大きな開放感でいっぱいになり、気持ちまで大きくなってしまうことです。

一度成し遂げた完済は「いつまた借金をしても返していける」という、間違えた自信に繋がってしまう場合もあります。

冷静に考えてみてください。
借金がない状態は特別なことではありません。

マイナスがゼロになって、一般的な『普通の状況』になったに過ぎないのです。
そこをしっかりと自覚してください。

借金癖が抜けない人の中には、再び借金地獄を味わう方もいます。
そのようにならないためにも、苦しかった借金生活を忘れてはいけないのです。

完済したときの安堵や開放感を忘れないでくださいね。

完済後の生活

完済後の生活

完済後に気を付けなければいけないことに、それまで借金返済に充てていた金額をどうするかということがあります。

例えば、借金返済に毎月5万円の支払いがあった方は、完済して余裕ができた5万円は自由なお金になりますね。
ここで5万円分の生活水準を上げたり、好きなように遣ってしまっては、余裕のない生活から抜け出すことはできません。

もちろん、少しは楽になった生活を実感したいでしょうから5万円全てとは言いませんが、できれるだけ預貯金に回しましょう。
この預貯金があれば、万が一急な出費があったときにも対応することができます。

つまり、緊急事態にあっても、借金を繰り返す必要がなくなるのです。

経済的に余裕がある人は、『収入が多いから』ということとイコールではありません。
収入に見合った生活をし、万が一に備えた蓄えがあるということが、やはり経済的な余裕を生むのではないでしょうか。

プラスとマイナスの勘違い

プラスとマイナスの勘違い

借金をする人にとって、借り入れをして財布の中身が増えると『プラス』と感じるのではないでしょうか。
そして、借金の返済に充てた返済額は財布の中身が減るから『マイナス』と思っていませんか。

しかし実は、借り入れをして財布に入れた分こそ、負債なので『マイナス』です。

借金をすることで財布の中身は増えますが、利益ではなく負債、『マイナス』です。
そしてさらに、金利という『マイナス』が追加されてしまうのです。
そのことを忘れてはいけません。

そして、返済をした分は、その『マイナス(負債)』を減らすものなので『プラス』です。
『プラス』と『マイナス』の捉え方を勘違いせず、“借金をする”ということと“返済をする”ということを合わせて考えなければいけません。

借金をするということは、それ以降の返済をする責任があります。
借金を完済後、万が一、どうしても再度借金をする必要があった場合、きちんと返済計画を立てるようにしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12