借金完済後の個人情報はどうなっているの?

借金完済後の個人情報はどうなっているの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金完済後にやるべきこと

借金完済後にやるべきこと

借金を返済し続ける生活は、決して楽しいものではないでしょうし、場合によっては非常に困難なものではないでしょうか。
それだけに、完済できたときの喜びはひとしおでしょうし、“開放感”“達成感”それだけではない感情に包まれることでしょう。

しかし完済を喜び、安堵している場合ではありません。
借金は完済しても、個人情報は残っています。

気を付けなければいけないことに、『借金の完済』と『解約』は別物だということがあります。

借金をしていた方でも、このことを知らない方は意外と多いようですね。
解約をしない限り、消費者金融業者では会員として個人情報を保存しますし、もちろん契約が継続します。

そのような状態を望まないのであれば、解約することをお勧めします。

借り入れをしていた消費者金融業者やクレジット会社、銀行などに問い合わせをして、「解約をしたい」という意思を伝えましょう。
手続き方法は業者によって異なりますので、後は指示に従いましょう。

借金をしていたという記録

借金をしていたという記録

次の気になるのは、必死で返済してきて完済したけれど『借金をしたという自分の記録』はいつまでも残るのか、ということではないでしょうか。

せっかく完済してクリアになっても、借金していた過去は消せないのでしょうか?
もちろんそんなことはありません。

信用情報機関での記録の保存は、完済後最大5年間、自己破産の場合で免責確定後最大10年間となっていますが、それ以降に関しては情報は消されます。
いずれも金融庁指導によるものです。

但し、返済事故で被害を受けた金融機関の“ブラック登録期間”には法的な定めはなく、無期限で事故情報を保存し活用することが許されていますので、心当たりのある方は記録が残ることを覚悟しなければいけませんね。

債務整理をしたケースなどでは、記録が残されるでしょう。
ただし、それらの記録に関しては、お金の借り入れを申し込んだ際に金融業者が照会しければ人様の目に触れることはありませんし、当然ですが、一般の方に知られる心配はありません。

完済後の不安

完済後の不安

「苦労して完済したのに、借金した情報は5年も保存されるのか・・・」とガッカリされるかもしれませんが、この情報はお金の借り入れをするときでなければ開示されることはありません。

例えば日常生活の中でこの情報が影響を及ぼすようなことは、まずありません。

また、特に問題なく返済して完済できた方の場合には、完済後にクレジットカードを作ったり、あるいは住宅ローンを組むときなどに影響することはないでしょう。
むしろ、借金をしても確実にきちんと返済する人であることを証明できる情報だとも言えますので、心配は要りません。

しかし、ブラックリストに登録されるような経緯がある方は、いささか状況が変わります。
以降の借金は難しくなる可能性があります。

いずれにしても一定期間を過ぎれば借金をしていた情報さえ消えてしまいますが、5年以内に再度借金をしてしまうと、それ以前の情報も消えることなく保存されてしまうことになります。

借金に関する個人情報

借金に関する個人情報

借金に関する個人情報は、基本的に『何社から』『いくらの借り入れ』があるのかが分かるようになっています。
そこには、過去に長期の遅延があったことや、債務整理をした経験があることなどの情報も載せられます。

長い期間に渡って借り入れと返済を繰り返している方は、“いつから借金をしているのか”“これまで事故はないか”などの情報が記録として残っています。
ですから、例えば借り入れ金額を増やすとその情報も記載されますし、借り入れ件数が増えても記載されます。

逆に、完済したことも、借り入れ件数が減ったことも情報として記録されるので、消費者金融の世界にも優良顧客が存在するということですね。
返済の遅延や、債務整理で返済額を減らしたり、自己破産で借金の返済を免れた方は、貸付業者にとっては困った顧客ということになります。

ですから、再び貸し付けをすることがないよう、個人情報の記録を残しておくというわけです。
個人情報や借金の記録が悪用されることや他言されることは禁じられていますので、そういった心配をする必要はないでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12