家族にバレずに借金&借金返済をするには・・・

家族にバレずに借金&借金返済をするには・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

家族にバレずに借金

家族にバレずに借金

借金をする際、家族に言える用途であれば隠す必要はないでしょう。
“バレずに借り入れをしたい”ということは、言えない用途であることは明白です。

例えば、生活費が足りなくてご主人に言えない場合や、買い物依存症で誰にも言えない場合、ギャンブルに使うためのお金が欲しいとき、風俗や不倫にかかるお金を用立てたいときなど、家族の方には言えないでしょう。

また、家族が借金を毛嫌いしていたり、借金で苦労した経験がある場合にも、家族にバレずに借り入れをしたいと考えるでしょう。

家族にバレずに借金をすることは、実はそんなに難しいことではありません。
特に家族に確認されることはありませんし、むしろ『家族に秘密ですか?』という質問がありますので、「バレないように・・」と言えば家に郵便物を送ったり返済の遅れがあっても自宅に電話をすることなどはありません。

最近は消費者金融や銀行カードローンの新規申し込みもインターネットを利用して行うことができますし、無人契約機や電話などで簡単に申し込むことができます。
基本的には、①連絡方法をしっかりと確保する②本人確認の電話の対応 の2点がクリアできれば問題ありません。

①は、携帯電話を持っていれば問題ないでしょう。
家の固定電話には絶対に電話をしないでほしいということや、郵便物を送らないこと、家族には秘密にしているということを明確に伝えると良いですね。

②は、会社の在籍確認を取りますので、会社や自営業の場合は自営の職場に電話をすることになります。
こればかりは免れません。

ただし、貸付業者の名前は出さずに個人名で電話をするため、在籍確認でバレることはほぼありません。
もしも在籍確認でバレることがあれば、それは過去にも借金がバレた経緯があるか、よほど疑り深い『貸付業者の在籍確認のシステムを知っている人』のいずれかでしょう。

また、無担保で保証人がいらない商品、収入証明書の提出が要らない50万円以下の借り入れの方が、バレずに借りられるでしょう。

ただし、審査に通らなければ、借り入れをすることはできません。
審査に通れば、限度額内の借り入れをすることができます。

1回目の借り入れは、指定した通帳にしてもらえることが多いようです。
その後の借り入れは、送られてきたカードでATMで行うことができますので、まずバレることはないでしょう。
しかし、カードの送付先は、よく考えて決めた方が良さそうですね。

家族にバレずに借金返済

家族にバレずに借金返済

では、借金返済のほうはどうでしょう。
バレずに完済することはできるのでしょうか。

返済は、通帳引き落とし、カードでATMから返済するやり方、ネットバンクからの振り込み返済などがあります。
ですから、家族にバレずに返済することは可能です。

しっかり返済をしていれば、電話がかかってくることはありませんし、郵便物が届くこともありません。
大手消費者金融であれば、その辺はプロですので心配ありません。

ただし、問題は万が一、返済が遅れた場合です。

初めは個人の携帯電話に連絡があるでしょう。
「返済がなかったようですが、お忘れではありませんか?」と非常に丁寧な対応です。

入金日を約束すれば、OKです。
もちろん約束した入金日に入金をしてください。

しかしここで入金をしなかった場合、消費者金融によってはこの時点で自宅に郵便物が届きます。
社名ナシで個人名で郵便物が届くでしょうから、すぐにバレることはありませんが、場合によっては不信に思われることはありかもしれませんね。

何度も何度も督促をしても入金がない場合、自宅の固定電話に連絡が来たり、郵便物が容赦なく届くこともありますので返済には気を付けなければいけません。
つまり、しっかりと返済できていれば問題はないということです。

ただし、借り入れは返済可能な金額に留めておかなければいけません。
それ以上の借り入れをすると、結果的に支払えないだけでなく、家族にバレて家庭さえ失うことになる恐れもありますよ。

家族にバレずに任意整理

家族にバレずに任意整理

万が一、もう借金の返済が困難になり、どうしようもなくなった場合、家族に正直に打ち明けるしかないのでしょうか?

どうしても借金のことは家族にバレなくない。
そういった場合、最終的な手段があります。
その手段は、債務整理です。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の三つがあります。
その中でも任意整理は、業者との直接交渉を任意で行う方法で、それ以外の二つは、法律に基づいた減額なルールで、裁判所を介して行います。

法的整理は、官報に氏名や住所が記載されてしまうので、社会的信用を低下させてしまいます。
また、財産の処分も強制的になされてしまうので、それによっても家族にバレないで行うことは不可能です。

その点、任意整理は応じてもらえるかどうかは相手次第である一方、まったくの任意であるため、官報に掲載されないので、それによって社会的信用が低下することは有りませんし、家族にバレることは有りません。
また、任意整理は弁護士や司法書士に行ってもらうことになりますが、受任通知を業者に発した時点で督促は止まるので、借金のことが家族にバレることもなければ、弁護士や司法書士とのやり取りも電話や直接行うので、それによってバレることもありません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12