借金返済に何年かかるのか計算してみた

借金返済に何年かかるのか計算してみた

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金をする際

借金をする際

借金をする際には、貸付業者や金融機関の審査で借入限度額が決められます。
貸付限度額までの利用が可能となると、心理的には『○○万円までは使える』と思ってしまい、『必要な金額』以上に使ってしまう方が多いようです。

借金ですから、必ず返さなければいけませんし、金利もつきます。
そう考えると、最小限『必要な金額』だけの借り入れに留めておけば、返済の際には少しは負担が軽くなります。

借金を返済する際

借金を返済する際

しかし実際には、消費者金融や金融機関のカードローンを利用している人の中に、必要な金額だけを借り入れするという利用の仕方をしている人は極少数でしょう。
中には多重債務になって、「返済が大変!」という方もいます。

金利がつく借金は、返済した『つもり』になっている金額と、実際に返済できている金額に大きな差があります。

残債を見て、「まだ、これしか返済できていないの?」「もっと返せてると思っていた」と思う方は、少なくないのでないでしょうか。
借金を返済する際には、毎回入金するたびに残債をチェックするようにしましょう。

毎月いくら返済して何年で完済できるのか

返済計画

借金に必要なこととして、第一に『返済計画』があります。
借金をするときには、「いくらの借り入れができるか?」よりも、毎月いくらの返済が可能であるかを把握しなければいけません。

まず、ご自身の手取り収入の最低ラインで考えます。
生活費などの支出を全て書き出してください。

家賃、保険料、通信費など、ほかにも水道光熱費や食費など流動的な出費は大体の平均値で想定してください。
もちろんその中には小遣いや貯金額も含めてください。

いくら残りますか?
その残高が確実に返済可能な金額ということです。

(例)
収入:手取り20万円
支出:家賃53,000円、保険料6,200円、通信費10,000円、水道光熱費10,000円、食費(外食込み)30,000円、生活雑費5,000円、交際費レジャー費20,000円、小遣い30,000円

この場合、残金は35,800円ですので、返済可能な金額は35,800円までということになります。
仮に35,800円ずつ返済するとなると、返済期間は下記のようになります。

*金利18%として

10万円の借り入れの場合

35,800円ずつの返済を2回、3ヶ月目の31,348円の入金で完済です。
利息は全部で2,948円です。

30万円の借り入れの場合

35,800円ずつの返済を9回、10ヶ月目の799円の入金で完済です。
利息は全部で22,999円です。

50万円の借り入れの場合

35,800円ずつの返済を15回、16回目(1年4ヶ月)の28,306円の入金で完済です。
利息は全部で65,306円です。

100万円の借り入れの場合

35,800円ずつの返済を36回、37回目(3年1ヶ月)の16,892円の入金で完済です。
利息は全部で305,692円です。

借金返済の目処

借金返済の目処

例えば、住宅ローンの場合は金額も大きいため、20年25年35年と長期に渡って返済していく設定となっています。
自動車ローンの場合、5年程度が目処でしょうか。

また、毎月の返済額が決まった融資であれば、借り入れ金額と返済額によって短期~長期まで様々な形の融資があります。

消費者金融や金融機関のカードローンの借り入れの場合、完済を想定して借り入れしている人は少ないかもしれません。
借り入れと返済を繰り返すため、実際にどれくらいの利息を支払ったのか、把握できない方が多いでしょう。

カードローンはそういった使い方で長期のお客さんになってもらうことが目的となっている商品ですが、使い方に計画性がなければ何枚ものカードを使って返済と借り入れを繰り返す自転車操業になってしまうケースもあります。

どんな形の借り入れであっても残債を把握し、計画的に利用するようにしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12