借金返済と貯金をバランス良くするために・・・

借金返済と貯金をバランス良くするために・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

貯蓄額

世帯貯金

日本人の貯蓄平均額は、およそ1200万円程度です。

不景気だと言われるようになって久しいですが、そんな中でこの数字は決して少ないとは言えないでしょう。
中には、自分の家の貯金額と比べて焦りを感じる方もいるでしょうし、不安を感じる方もいるかもしれませんね。

貯金ができない理由の1位は『住宅ローンの返済が負担になっている』というデータがあります。
2位は『子どもの学費が負担になっている』、そして3位は『給料が少ない』となっています。

ほかには『離婚をして経済的に困窮している』『仕事が見つからない』『病気で医療費が掛かっている』、そして『借金の返済が負担になっている』というものがあります。

借金をしたことがある方であれば、貯金か返済かの狭間で悩んだ経験があるのではないでしょうか。
借金返済と貯金、どちらを優先すべきだと思いますか。

貯金で借金返済をするメリットデメリット

貯金で借金返済をするメリットデメリット

例えば、貯金がある程度ある場合、貯金で借金の返済をすることを考えるでしょう。
しかし貯金を借金返済に充ててしまうと、もし万が一お金が必要なときにまた借金をしてしまう可能性があります。
手元にある程度の貯金がないいうことは、非常に心許ない状態でもあるでしょう。

一方で、もしも貯金を借金返済に充てることができたら。
無駄な金利の支払いをする必要がありません。
また、毎月の返済に追われることもなくなるのです。

現在、貯金の金利は0.03%~0.35%程度ですから、貯金していても大した利息は付きません。
しかし借り入れの方は、金利0.7%~18%程度と決して低くはありません。
この差を考慮すると、貯金よりも借金返済を優先した方が得だということが分かりますね。

言い換えれば、貯金を優先すればするほど、支払わなければいけない利息は増えるということなので、貯金を優先すると損をするということです。

さらに完済するまで続く返済のプレッシャーや、周りにバレるリスク、生活費の切り詰めなど、借金の返済があるうちはデメリットの方が大きくなってしまいます。
借金返済を早々に終わらせたあとに、貯金にじっくり取り組むことができれば、返済に充てた分などあっという間に取り返すことができるでしょう。 
困難な返済と向き合った経験がある方であれば、貯金をすることにも真剣に臨むことができるのではないでしょうか。

3ヶ月分の生活費ぐらいは貯金しておく

mo1392-m

ただし、借金返済に貯金を充てると言っても、無理な返済は避けなければいけません。
貯金がゼロになってしまうと、その後の生活にも大きな支障があるでしょう。

・冠婚葬祭のご祝儀やお香典
・給料の減給やリストラ、会社の倒産
・病気やケガの治療費

このようなことは、いつどんなタイミングで起こるか分かりません。
そんなときに貯金がゼロの状態であれば、また借金を重ねてしまうことになり、結果的に借金を増やしてしまうことになるでしょう。

いつでも備えは必要ですので、必要最低限の貯金は取っておかなければいけません。
一般的には、3ヶ月分の生活費は確保しておく必要があると言われています。

収支のバランスを見直して借金返済を優先的に

収支のバランスを見直して借金返済を優先的に

借金の返済に必要なものは『返済計画』です。

そもそも、収入から借金返済に充てられる金額を割り出して、返済可能な金額から借り入れ額を決めるのが正当です。
しかし現在ある借金がその金額を超えている場合、返済しなければいけない金額を確保する必要があるでしょう。

・細かな節約を心掛け、無駄な出費を防ぐ
・返済に充てることができる貯金が貯まっても、全額は返済に使用しない
・月々の返済額を決めて、しっかり守る
・今以上の借り入れを増やさない

完済するためには、借金を減らして、これ以上増やさないことです。

大切なことは、今ある収入で生活すること。
必要があれば我慢をすることもあるでしょう。

収支のバランスを見直して、可能な限り借金返済を優先していきましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12