連帯保証人の重い返済義務とは?

連帯保証人の重い返済義務とは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

連帯保証人と保証人

連帯保証人と保証人

保証人には、連帯保証人とただの保証人があります。
この二つは異なるもので、保証人より連帯保証人の方が責任は大きく重いものだとお考えください。

保証人は、あくまでも債務者が返済できない状況になったときに返済を担う立場にあり、万が一、債務者本人よりも先に保証人に返済請求が来た場合には「先に債務者に請求してください」と要求することができます。

また、仮に債務者の返済が滞って保証人に返済請求が来た場合でも、「債務者には財産がありますから、先にそちらの方から請求したらどうですか?」と反論することができます。
さらに、債務者が返済できなくなった場合にも、保証人が数人いればその人数で借金額を分割し、一人分を請け負えば良いことになっています。

しかし連帯保証人は、債権者から返済請求があった場合には、「先に債務者に請求してください」と要求することも、「債務者は財産がありますから、先にそちらの方から請求したらどうですか?」と反論することもできません。

債権者から返済請求があったときには、返済しなければいけないのです。
また、万が一債務者が借金の返済ができなくなった場合には、数人の保証人がいても連帯保証人が全額返済しなければいけません。

連帯保証人は非常に責任が重く、債務者本人のような扱いとなるのです。

連帯保証人の返済義務

連帯保証人の返済義務

上記にありますように、連帯保証人には重い返済義務が課せられています。

もちろん保証人にも返済義務は発生しますが、それは債務者が返済できなくなったときだけです。
連帯保証人の場合は、債務者が返済できなくなった場合に限らず、債権者からの請求があれば返済しなければいけないという契約になっているのです。

とは言え、債務者が返済できなくなった場合でなければ、ほとんどの場合、連帯保証人が請求されるということはないでしょう。
ただし、保証人に比べても、請求された返済に対して逃れる手段がないため、連帯保証人になるときには慎重に考えなければいけません。

連帯保証人を引き受けるには

連帯保証人を引き受けるには

「借金の連帯保証人になってほしい」とお願いするとき、ほとんどの場合で「絶対に迷惑かけないから」と言いますね。
つまり、連帯保証人になってもらうこと自体に、迷惑をかけるかもしれない要素を含んでいるということです。

「絶対に」という言葉にどれだけ信憑性があるのでしょう。
そのときはそのつもりでも、それが続くことに何の保証もないということを考えなければいけませんね。

しかし、どうしても立場上引き受けなければいけない場合や、強く断れない場合もあるでしょう。
そのようなとき「断れなかったから引き受けたよ」という判断が、どれだけ軽いものか、上記を読めばもうお分かりですね。
もし引き受けることがあるとしたら、それは『自分がその借金を被ることができる』と判断したときでなければいけません。

「信用できる人だから」「立派な人格の持ち主だから」「経済的な基盤がしっかりしているから」など、相手を計ろうとするのは間違いです。
相手のことを全て知ることはできませんし、目に見えない信頼が確実なものだとは言えないからです。
大切なのは、「自分はこの人のこの借金を被ることができるだろうか」ということです。

連帯保証人になるからには、万が一のことを想定しなければいけません。
「大丈夫だろう」「何事もないさ」は、何の根拠もないものだということに気付いてください。
分かっているのは、自分のことだけです。

そこを肝に銘じていれば、安易に連帯保証人になることはないでしょうし、もし連帯保証人になることがあるとすれば、それは相当な覚悟の上で引き受けたものだと言えるでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12