キャッシングの借り換えをする前に知っておきたいこと

キャッシングの借り換えをする前に知っておきたいこと

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借り換えとは?

借り換えとは?

借り換えとは、現在あるキャッシング残高を新たな借り入れで返済する方法です。
「なぜそんなことをする必要があるの?」と思う方もいるでしょう。

例えば、数社からの借り入れがある場合、毎月の返済額が大きな負担となる場合があります。
そのような場合には、数社の借り入れを1社にまとめることで月々の返済が楽になることもあるでしょう。

また、金利が高いところからの借り入れをしている場合、少しでも金利の低いところで借り換えをすることで返済を楽にすることができます。

借り換えの目的

借り換えの目的

多くの方が数社の借り入れを1社にまとめるて、月々の返済金額を小さくすることで返済の負担を軽減しています。
また、複数あった借り入れが1社になることで借金の残高を把握しやすくなり、返済計画が立て易くなりことも大きな利点です。

複数の借り入れがある場合、何度も入金してATMの手数料を無駄に多く取られてしまったり、それぞれの返済日が異なるため管理が非常に面倒になってしまいます。
ご自身の借金をしっかり把握するためにも、借り換えをして1社にまとめるということは、非常に有効だと考えられます。

借り換えのメリットデメリット

借り換えのメリットデメリット

借り換えをすることで得ることができるメリットとして、最も大きいメリットは『返済総額の減額』でしょう。

返済期間や借金の状況にもよりますが、借り換えが上手くいけばほとんどの場合は金利が減ることが期待できますので、数万円もの差額が生まれる場合もあります。
さらに返済管理が楽になり、返済計画が立てやすくなりますね。

また、借り入れ件数は少ないほど信用が高まります。
仮に住宅ローンを利用する場合、4社から200万円の借り入れがある人より、1社で200万円の借り入れの人の方が審査は通りやすくなっています。
金額よりも借り入れ件数を重視する傾向にありますので、借り換えで借金を1本化することで住宅ローンの審査に通りやすくなるという大きなメリットがあります。

では、デメリットにはどんなことがあるのでしょう?

実は、借金を1本化することで、借金の総支払金額が増えてしまう場合があります。
注意しなければいけない点として、返済期間の設定です。

返済期間が長期になればなるほど、当然ですが月々の返済額は小さくなります。
しかし返済が長期に渡るという事は、それだけ利息を支払う期間が長くなるということなのです。

つまり、返済は楽になっても、総支払金額が多くなってしまうという事ですね。

また、借り換えをしたという事実は、信用情報機関に登録されてしまいます。
事故情報ではないので不利益になるようなことはこの時点ではありませんが、1本化した後にさらに新たな消費者金融や銀行のカードローンなどを利用しようと考えているのであれば、1本化したという登録情報は好ましいものではないでしょう。

借り換え審査

借り換え審査

借り換えは銀行や消費者金融で行いますが、もちろん審査があります。
借り換え審査は、通常のカードローンなどに比べて非常に厳しいと言われています。

借り換えや一本化という言葉では分かりにくいかもしれませんが、言うなれば『借り換え=肩代わり』ということです。
『あなたの複数の借り入れを当社で肩代わりをして一括返済をしましょう』ということです。
それにはそれ相応の信用が必要ですし、返済能力や自己管理能力などを重視します。

借り入れ件数が多くなるほど、その人物の計画性や管理能力を信用するには難しくなりますので、審査は難しくなるでしょう。
また金額が大きいほど、借り換えが難しくなるのも頷けるところですね。

借り換えを検討したら

借り換えを検討したら

借り換えは銀行でも消費者金融でも行うことができます。
ただし、借り換えの申し込みをしたことは信用情報機関に情報として登録されるため、短期間に数社で断られてしまうとさらに審査に通りにくくなってしまいます。
最低でも3ヶ月以上空けることをお勧めします。

また、ご自身の借り入れの状況を把握し、多額で3社以上の借り入れがある場合には銀行での借り換えは難しいため、断られて情報が登録されるよりは初めから消費者金融に申し込んだ方が通りやすいでしょう。
消費者金融であっても、借り入れ金額が大きくなれば金利は小さくなるため、これまでよりも返済しやすくなることが想定されます。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12