連帯保証人が借金を払わない場合どうなる?

連帯保証人が払わなかった場合どうなる?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

連帯保証人の立場

連帯保証人の立場

連帯保証人は保証人と違い、非常に責任が重くなります。
借金に対して債務者を同等の責任を持ち、請求があれば返済しなければいけません。

連帯保証人には、『催告の抗弁権』『検索の抗弁権』がないため、債権者が連帯保証人に返済の請求をして来たら応じなくてはいけません。

「先に債務者に請求してください」と要求することも、「債務者に財産があるから、向こうに請求してください」とお願いすることも許されません。
債務者と同じ立場で、同じように借金返済に責任を持たなければいけないのです。

代位弁済

代位弁済

とは言え、何事もなければ連帯保証人が債権者に返済を請求されることはないでしょう。
返済の請求をされることがあるとしたら、債務者が滞納している場合、或いは債務者が自己破産などの債務整理を申請した場合となります。

その場合、債務者が返済できない分は連帯保証人が代わりに弁済しなければいけません。
このことを『代位弁済』と言います。

代位弁済の請求は、突然来ます。
場合によっては、いきなり預金通帳を差し押さえられることもあるでしょう。
債権者が突然請求をしたとしても、連帯保証人は応じなければいけません。

不本意でしょうし、理不尽だと感じるかもしれませんが、連帯保証人の契約では連帯保証人の代位弁済の義務についても触れています。

また、連帯保証人を外れることはほぼ無理だということを覚えておいてください。
その借金は、連帯保証人込みで契約が成立しているものです。
途中で連帯保証人を外れるとなると、借金を完済する以外に方法はないでしょう。

連帯保証人が払わなかった場合

連帯保証人が払わなかった場合

しかし請求が来ても連帯保証人が払わなかった場合、まず債権者からの取り立てがあるでしょう。
取り立てはしばらく続きます。

それでも払わなければ裁判にかけられ、裁判所から支払い命令が下されます。
ほとんどの場合、この時点では一括返済を要求されるでしょう。

応じられなければ、強制執行で財産の差し押さえがあります。
給料は1/4までの差し押さえが認められており、或いは33万円を超える給料の差し押さえが可能となっています。

また預金通帳が差し押さえられると、自分の通帳なのに引き出すことが出来なくなってしまいます。
ほかにも、自動車や家財道具を差し押さえられることがありますが、給料や預金通帳が優先的に差し押さえられることが一般的です。

債務者には連帯保証人がいますが、連帯保証人には保証してくれる存在はありません。
ある意味、債務者以上に辛いのが、代位弁済を命じられた連帯保証人だと言えますね。

連帯保証人も借金を払わなかったら信用情報機関に登録させる?

連帯保証人も借金を払わなかったら信用情報機関に登録させる?

連帯保証人は債務者と同じ返済義務が生じるので、借金を払わなかった場合は信用情報機関に事故情報として記録されます。
この信用情報機関に事故情報を登録されるのが、ちまたで言われるブラックリストに載るということです。

ブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードの分割払いや、新しいカードの発行を断られる可能性もあります。
更に、消費者金融のキャッシングや銀行カードローンクレジットカードはもちろん、自動車や住宅ローンなども組めなくなるでしょう。
なぜなら、貸金業者や金融機関は貸し付けをするときに、必ず信用情報を調べるからです。

債務者が払わなかった借金はどうなるかと言うと、債務者と同様の義務を負うために債権者に借金の返済を迫られた場合は直ちに応じなくてはいけません。
また、連帯保証人は借金の元金だけではなく、利息や違約金損害賠償金なども支払う義務があります。

債務整理を検討する

債務整理を検討する

返済が困難であると判断したら、債務整理を視野に入れて専門家に相談しましょう。
金額にもよりますが、民事再生か自己破産をすることで借金返済を軽減したりゼロにすることが可能です。

悔しい気持ちは分かります。
不本意でしょうし、理不尽だと感じるでしょう。
しかし連帯保証人の判をついたのは、ご自身です。

「断れなかった」「強く言えない相手だった」など、様々な事情はあるでしょう。
それでも債権者に対して、連帯保証人になった責任があるということを忘れてはいけません。

連帯保証人の契約は、債務者との間で結ばれているものだと思っている方が多いようですが、それは違います。
連帯保証人は債権者と『この人の借金に関して連帯保証人になります』という契約を結んでいるのです。
契約の効力をよく理解し、責任は果たさなければいけないでしょう。

しかし債務整理をしたからと言って、人生は終わりではありません。
むしろ、債務者と無縁になり、人生の再スタートを切ることができるという受け止め方をしましょう。

連帯保証人になるということ

連帯保証人になるということ

最初に述べましたように、連帯保証人には債務者同様の責任があります。
債権者に請求されれば、反論せずに返済しなければいけません。

ですから、連帯保証人になることを頼まれたときには、自分がその借金を被ることができるのか?をよく考えなければいけません。

自分の借金でもないものを返済し、そのせいで家族に迷惑をかけたり、場合によっては離婚や家族がバラバラになってしまう事例も少なくありません。
どんなにお世話になった人でも、自分が信用している人でも、自分にその借金を被る器量はないと判断したら、引き受けてはいけないのです。

大事なのは、『相手がどんな人か』より、『万が一の時、自分に返済することができるのか』を考えることではないでしょうか。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12