借金の返済でボーナス払いは設定するべき?

借金の返済でボーナス払いは設定するべき?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金の返済

借金の返済

住宅ローンや自動車ローンなど、大きな金額のローンになると返済期間は長期に及びますし、返済額も負担になることがあります。

月々の返済額を減らす方法として、ボーナス払いの併用があります。
夏冬2回のボーナス払いを設定すれば、それだけ返済は進みますし、その分月々の返済は減額されます。
多くの方が月々の返済額を減額することを目的として、ボーナス払いを設定します。

では、消費者金融からの借り入れやカードローンにはボーナス払いはあるのでしょうか?

クレジットカードの利用ではボーナス払いを選択することができますね。
消費者金融からの借り入れやカードローンの場合、利用限度額の中で自由に借り入れと返済を繰り返すことができる仕組みになっており、基本的にリボ払いが利用されているため、ボーナス払いというものはありません。

ただし、設定することはできなくても、ボーナスが出たときに一気に繰り上げ返済することは可能です。

ボーナス払いは設定するべきか?

ボーナス払いは設定するべきか?

住宅ローンや自動車ローンではボーナス払いを併用するかどうか、最初の段階で設定します。
設定すればボーナス月には毎月の返済のほかにボーナス払いの引き落としされ、元本の返済を大きく進めることに効果があります。

しかし現在は、かつて1回のボーナスで給料の2~3ヶ月分が当たり前に支給されていた時代とは違い、ボーナスがカットされたり減額されることも少なくありません。
支給されるボーナスの平均は、中小企業で給料の1ヶ月分ということです。

仮にボーナス払いを設定したにも関わらず、ボーナスが全額カットになってしまった場合、ボーナス払いはどうやって穴埋めしますか。
多くの方がボーナス払いの併用で、失敗をしています。

ボーナス払いを設定するよりも、ボーナス時に繰り上げ返済をする方がよほど安心で安全なやり方ではないでしょうか。

ボーナス払いの穴埋めでやってはいけないこと

ボーナス払いの穴埋めでやってはいけないこと

ボーナス払いを設定している場合、ボーナス月には毎月の返済と併せてボーナス払いも引き落としになります。
しかし、その年のボーナスが全額カットになった場合、どのように穴埋めをしますか?

多くの方がカードローンなどで借り入れをして、ボーナス払いの穴埋めをします。
確かにカードローンで借り入れをして引き落とし口座に入金しておけば、ボーナス払いは乗り越えることができるかもしれません。
しかし、そのやり方では結果的に別の借金を増やすことになってしまいます。

カードローンの金利は住宅ローンや自動車ローンなどの金利に比べて高く設定されているため、カードローンの借り入れで穴埋めをすると金利が高い分だけ借金が増えると考えなければいけません。

「それくらい大丈夫」と思うかもしれませんね。
しかし借金地獄に陥るケースのほとんどが、『借金の返済のために別の借り入れをする』というところから始まります。

「ボーナスが出なかったのはイレギュラーだから、今回だけだし」と、それでも不安はないかもしれません。
しかし、別の借り入れをして借金の返済に充てるという方法を1度使ってしまうと、その後も何かで返済できない度に借金を増やす可能性は安心できる低さではないでしょう。

借金の返済のために別の借り入れをするのだけは、絶対にしてはいけません。
その先には確実に借金地獄が待っていますよ。

ボーナス払いが困難な場合

ボーナス払いが困難な場合

もしもボーナス払いの月になって、「返済が困難だ」となった場合、早めに金融機関や貸金業者に相談をしましょう。

返済期日を過ぎて延滞になってからでは心証が悪くなってしまうので、返済期日前に相談をするのが好ましいでしょう。
もし、ボーナスが出ないことが前以て分かっている場合には、早めに金融機関や貸金業者へ行って借金の条件変更の申し出をすると良いでしょう。
ボーナス払いの設定を外してもらい、月々の返済だけに設定した場合、返済額はいくらになるのか確認し、合わせて相談すると良いですね。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12