サラ金の滞納・・・取り立ての流れ6つのステップとは?

サラ金の滞納・・・取り立ての経緯6つのステップとは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

サラ金の返済

サラ金の返済

サラ金は、現在の消費者金融のことです。
サラリーマン金融の略語で、当時は『街金』とも呼ばれていました。

サラ金で借り入れをすると、ほとんどの場合、毎月一定額の返済を決められた返済日に入金しなければいけません。
返済額からは利息が優先的に入金になるため、『返済額-利息=元本への入金』となります。
つまり、借り入れ額が大きいほど利息は大きくなりますし、返済日から翌返済日までの期間が空くほど利息が大きくなります。

返済が滞納した場合どうする?

返済が滞納した場合

当時、サラ金は非常に怖いイメージがありました。
確かに、強面の人が取り立てに来ることもあったり、電話の向こうで怒鳴り散らすこともあったようです。

しかし現在の貸金業法では、取り立てや督促に関する規制があるため、昔のような取り立ては違法となってしまいます。
ですから、滞納したからと言って強面の人が取り立てに来るということはありません。

取り立てとは

取り立ては、期日を過ぎても返済をしない債務者に対して、債権者が電話や郵便で催促をすることです。
なかなか支払ってくれない場合には自宅を訪れることもあるようですが、決して怒鳴ったり怖がらせるような行為はありません。
あるとしたら、それは違法となります。
場合によっては裁判を起こすこともありますが、そこに至るには長期の滞納があるからです。

取り立ての流れ

最初に催促の電話をするのは、返済予定日の翌日です。

返済予定日に入金がなければ、まずは女性スタッフが電話を掛けます。
自宅の電話がOKになっている人であれば家に掛けることもありますが、ほとんどの場合、この時点では携帯電話に掛けます。

非常に優しく丁寧に、「返済予定日の入金がありませんでしたが、お忘れではありませんか?」という内容でしょう。
電話に応じなかった場合は、「折り返しお電話をください」というメッセージを残します。
大体はこの電話で入金されます。

①の電話を無視する形で連絡が取れない場合、3~4日後に男性社員が電話をかけます。

「〇〇ファイナンスの××と申します。返済期日を過ぎていますので、なるべく早くご入金をお願いします」と、穏やかな口調でお話しします。
電話に応じない場合には、やはり同じ内容でメッセージを残します。

②で連絡がない場合には、週1ペースで自宅に督促状を送ります。

裏書きに、サラ金会社の社名を入れることはありません。
スタッフの個人名が記載されます。

文面は、「返済期日を過ぎてもご入金がないようですので、なるべく早くお支払いください。よろしくお願い致します」という内容と、遅延損害金を含めた返済額が明記された明細書が送られてきます。

職場に電話をすることはありませんし、自宅NGの方であれば自宅に電話をすることはありません。
自宅NGの方の場合、携帯電話に掛け続けることになります。

滞納が1ヶ月以上続き、督促に対して全くリアクションがなければ、自宅を訪ねる場合もあります。

家族と同居している場合は自宅訪問は避けますが、一人暮らしであれば自宅を訪ねる場合もあります。
自宅に訪ねる訪ねないは、貸し付け金額には関係ありません。

1ヶ月以上連絡が取れない状況になれば、貸付金額に関係なく自宅訪問を実行します。
夕方以降、自宅にいそうなタイミングで訪ねることが多いようです。

自宅を訪ねて本人との接触ができた場合、交渉となります。

ただし、貸金業法で自宅訪問の取り立ては午後8時までとなっていますので、それまでには退散します。

怒鳴ったり、怖がらせるような取り立ては違法となりますので、ここでも穏やかに静かな交渉となるでしょう。
『今後、送れることなく返済します』という内容の誓約書を書いてもらい、押印してもらいます。

誓約書は2部作成し、双方で取り交わします。
さらに、今後の返済計画を立て直し、いくらであれば返済が可能であるかの交渉をし、月々の返済額と返済回数を返済計画として作成します。

返済されない期間が3ヶ月程度になれば、裁判所に訴えを起こします。

ここで、『給料の差し押さえ』『全額返済』かの二者択一となりますが、債務者の借り入れ額や職業、年収などでどちらを選ぶかを決めます。
給料は、手取りの1/4まで差し押さえることが可能です。
ですから、給料が高い人の場合は、給料の差し押さえをすることが多くなっています。

しかし給料の差し押さえをすると職場にバレてしまうため、ほとんどの債務者が拒否をしてなんとかして返済をしようとするようです。
また、全額返済の場合は、一括返済命令が裁判所を通じて出されますが、返済できない場合は債務整理をする方も多いようです。

返済を滞納すればブラックリストに載る?

返済を滞納すればブラックリストに載る?

サラ金の利用履歴については、信用情報機関に登録されます。

日本には三つの信用情報機関がありますが、事故情報などの連携がなされていますし、一つの金融業者が複数の信用情報機関に加盟していることも珍しくは有りませんので、債務者の状況はこれらを確認することでわかります。

そして、信用情報機関には、きちんと返済されてたという記録のほかに、延滞や事故記録も登録されます。
そのため、これを見れば債務者の状況が一目瞭然となります。

このように、信用情報機関に延滞や事故記録が載ってしまったことを、俗にブラックリストに載るとされます。
ブラックリストと呼ばれるリスト自体があるのではなく、通常の利用履歴と共に登録された情報に、ネガティブな情報も載せられることになります。

新たな融資を申し込む場合は、審査の段階で信用情報を閲覧することになるため、ネガティブな情報が残っていればまず新審査に通ることは有りません。
また、途上与信の際にも同様に参照されるため、これまで利用できていたサラ金が利用できなくなったり、クレジットカードの契約が更新されたりする場合もあります。

サラ金の返済、時効が成立するのはいつ?

サラ金の返済、時効が成立するのはいつ?

サラ金などの消費者金融からの借金の時効は5年です。

時効のカウントは最後に返済してからの期間なので途中で1円でも返済してしまうとリセットされてしまいます。
たまに払える金額でいいからとか利息だけでも返済してくださいというのはそのためです。

少額だとおそらく5年で時効になりますがある程度の金額になるとそうはいかないのです。
間違いなくその5年の間に裁判を起こされます。

まずは支払督促により延滞金の免除や分割払いなどの和解に向けた話し合いをします。
それが決裂すると本裁判という流れになります。

この場合は実際に裁判所に出廷しなければならないですが特に反論することがなければ勝手に判決が出るので出廷しなくてもよいです。
そして債務名義を取得されると強制執行が可能になることと判決から時効が10年に延長されます。

強制執行は財産が確実にある場合にしないと経費倒れになるのでなかなかしてこないです。
裁判をする主目的は時効を延長するためでこれによって時効は最大で15年となります。

時効が成立したからといってサラ金業者が借金の返済を求めてはいけないということはないのです。
時効は成立しているのですからそういうときは時効の援用といってサラ金業者に時効が成立して返済義務はないという宣言を書面で送る必要があります。

滞納するより相談を

滞納するより相談を

どんなに免れようとしても、逃げようとしても、サラ金業者はとことん追いかけます。
仮に裁判になった場合、本人不在のまま一括返済命令を出すことができますので、結果的には裁判所から逃げている形になってしまいます。

返済が難しい状況になったら、まずは専門家の方に相談をしましょう。
滞納をして逃げ回るより、よほど効率的に返済を免れることができます。

債務整理は国が定めた法的措置ですので、滞納するよりも合法的で、かつ効率的です。
債務整理専門の弁護士や司法書士に相談しましょう。
まずはお電話で問い合わせをしてください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12