借金の返済に困ったら掛け持ちでバイトという手段も・・・

借金の返済に困ったら掛け持ちでバイトという手段も・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

多額の借金を抱えたら

多額の借金を抱えたら

気付いたら借金が多額になっていた!という方は、実は少なくありません。
電話やインターネットで申し込みができる最近の消費者金融は、非常に手軽に利用することができます。
返済は最低で利息の入金ができれば文句を言われることはありませんし、数社からの借り入れをしている方も少なくありません。

多重債務となって返済が困難になった場合、最も陥りやすいのが“自転車操業”です。
あっちからこっち、こっちからあっちにお金を回し、借金をして借金の返済に充て、さらにその借金を借金で返済するという状況です。

自転車操業は、雪だるま式に借金を増やすだけです。
一見、返済できているような印象を受けるかもしれませんが、一銭も返済できていません。
それどころか、利息は付きますので借金はどんどん増える一方です。

全ての借り入れが限度額の満額になってしまい、どこからもお金を引っ張って来られなくなったとき、新たな借金をしようと考えるかもしれませんね。
しかし現在、貸金業法の改正により総量規制があり、貸金業者では年収の1/3を超える貸し付けが禁止されています。
そのため、借り入れ額が一定金額に到達すると、借り入れはできなくなってしまうのです。

いいえ、そういう問題ではなく、自分の収入で借金の返済ができない状況で、ほかの借金を返済するために借金を増やすというやり方は間違っています。
借金の返済のために借金をしなければいけなくなった時点で、返済ができない状況だということに気付いてください。

早期に借金を返済するために

早期に借金を返済するために

借金の返済ができなくなった場合、方法は2つあります。

1つは、専門家に相談をして債務整理をすることです。
任意整理、民事再生、自己破産、いずれかの方法で借金を減額するか、ゼロにすることも可能です。

もう1つの方法は、収入を増やすということです。
現在の収入で借金の返済ができないのであれば、収入を増やして借金の返済をすれば良いのです。

もちろん節約をしたりギャンブルを辞めるなどして、現在の収入で返済が可能になれば問題はないのですが、それでも早期に完済するためにダブルワークをしている人は少なくありません。
ダブルワークとは2つの仕事を掛け持ちすることです。
昼間に本業の仕事がある場合は、夜の時間を利用してバイトをするなどします。

・コンビニエンスストア
・飲食店
・ビル清掃
・運転代行
など、夜の仕事も種類があります。

年齢や性別、住んでいる地域などによって状況はことなりますが、探せばきっと見つかります。
ダブルワークで得た収入を借金の返済に充てることで、早期の完済が可能となります。

気を付けなければいけないこと

気を付けなければいけないこと

しかし空き時間にバイトをするためには、いくつか気を付けなければいけないことがあります。

①就業規則

本業の勤務先の就業規則を確認して下さい。
場合によっては副業を禁止している企業もあります。
万が一会社にバレた場合、解雇処分になることもありますので、注意が必要です。

②バイト代は返済へ

バイトで得た収入は、全て借金返済に充てるようにしましょう。
収入が増えると、支出も増えがちです。
「ちょっとくらい好きなことに遣ってもいいかな」という甘い考えが、ズルズルと借金返済を先延ばしにしてしまいます。
借金返済のために始めたバイトだということを忘れてはいけません。
その考え方が、借金の返済を遅くしているということに気付いてください。

③先行投資があるバイトはNG

インターネットを利用した副業の場合、初期費用として金額を要求されることがあります。
このような場合、十分な収入が得られなければ赤字になってしまいます。
また、先行投資を要求するケースでは、悪質業者である場合がありますので気を付けなければいけません。

借金の返済のためにバイトを増やし、ダブルワークをする場合、毎月の目標額を明確に持つようにしましょう。

空き時間を利用しているとは言え、その分睡眠時間を削ったり、体力を消耗することも考慮する必要があります。
欲を持ちすぎて無理をすると、完済する前に倒れてしまうことも有り得ます。

返済額に応じて目標額を持ち、それ以上の無理をしないように心掛けましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12