借金返済が遅れたらどうすればいいの?

借金返済が遅れたらどうすればいいの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

計画的な返済

計画的な返済

借金をする際に最も重要なことは“返済計画”です。

一般的に借り入れの申し込みをするときには、「審査に通るだろうか」「いくら借りられるだろうか」ということが気になるのではないでしょうか。
しかし本当であれば、「月々いくらずつ返せるだろう」「○年以内に完済できるようにしよう」など、返済に関して考えなければいけません。

借金は返済しなければいけません。
最初の借り入れの段階で、返済計画をしっかり立てることが理想的ですね。

返済の遅れ

返済の遅れ

しかし、どんなに返済計画を立てていても、状況が変われば返済が困難になることはありますし、予定外の出費があって返済できないこともあるでしょう。
そのようなとき、返済期日に間に合わず遅れてしまうこともあるでしょう。

では、返済期日に遅れた場合、どのような対処が必要でしょうか。

前以て返済期日に入金で気ないことが分かっている場合

今月は返済が遅れそうだ、と前以て分かっている場合には、早めに債権者に電話をかけて「遅れる」という旨を伝えましょう。
必ず理由も話し、いつ入金できるかを伝えてください。

入金できる期日が遅い場合には、「利息だけでも入金できませんか?」という打診があるかもしれません。
電話での会話には誠意を持って応じ、嘘や誤魔化しのない返答をしてください。

返済日を忘れて遅れてしまった場合

返済期日を1日でも過ぎると、債権者から電話がかかってきます。
銀行でも消費者金融でも、「返済期日ですが入金が確認できませんでした」「返済をお忘れではないですか?」など、丁寧な対応をします。

そのような場合には、返済を忘れたことを謝罪し、いつ入金できるかを具体的にお話ししてください。
債権者は返済日を約束してもらうことを目的に電話をかけてきますので、具体的な期日を言う必要があります。
約束できなければ、電話を切ってもらうことができません。

また、債権者から電話が来る前に入金していないことに気付いたら、なるべく早く電話をしてください。

返済の目途が立たない場合

返済期日に返済することができず、その先も返済の目途が立たない場合、電話をかけるのは債権者ではなく弁護士などの専門家ですね。

返済日の約束ができない状態では、滞納が続くだけです。
返済を放置して滞納を続けても、返済が免責することはありません。
滞納が続けば、督促も続きます。

3ヶ月ほど経過したところで、債権者は裁判所に訴えるでしょう。
そうなると今度は裁判所から督促状が届くことになります。
裁判所からは一括返済を求める督促状が届きますので、異議申し立てをして分割払いの交渉をする必要があります。

手続きを先延ばしにしても、良いことなど何もありません。
失業して収入がゼロになってしまった場合や、何らかの理由で返済ができなくなってしまった場合、早めの判断で弁護士などの専門家に相談をするようにしましょう。

債務整理の手続きを依頼すれば、債権者からの督促は嘘のようにストップします。
専門家によく相談をして、適切な方法で債務整理を行ってください。

厳しくない督促に甘えていると恐ろしいことに・・・

厳しくない督促に甘えていると恐ろしいことに・・・

昔はサラ金の督促と言ったら、『怖いもの』だという風に決まっていました。
家まで押しかけてきたり、昼夜を問わない電話を掛けてくることもあったでしょう。

督促は「払ってください」という催促ですが、かつては“取り立て”と言ってお金の回収をして帰ることもあったようです。
しかし現在は貸金業法の改正により、督促や取り立てに関する規制が厳しくなっているため、かつてのような厳しさは一切なくなりました。

電話は決められた時間帯にのみ許され、その口調も脅しまがいであったり怖がらせたり罵倒するようなことを言うことは許されません。
ですから、最近は返済が遅れても『入金がされていなかったこと』と『いつ入金できるか』の確認程度の会話となっています。

ほかには返済が遅れた理由や、いくら入金できるかの金額などのやり取りがありますが、口調は事務的で穏やかです。
しかし口調が穏やかだからと言って、いつまでも返済しないことが許されるわけではありません。

滞納が続けば裁判所に訴えることもありますし、支払いがされないことで給料の差し押さえを強制執行する場合もあります。
やることはやるのです。

穏やかな口調につい甘く考えてしまうかもしれませんが、返済の滞納は金融事故です。
信用情報機関に事故情報として登録されますので、他社からの借り入れは一切できない状態になります。
また、債権者は回収するために法的手段を執ることもあります。

借金は返済しなければいけない物です。
返済が遅れるときには一報を入れるのが最低限の礼儀ですし、返済をすることが不可能となってしまった場合には債務整理の手続きを執ることを早めに考えるようにしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12