借金返済を成功させるために覚えておきたいこと

借金返済を成功させるに覚えておきたいこと

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

払えない借金

mo1910-m

借金に借金を重ねて返済が困難になってしまった場合、一度は返済のためにさらに借金することを考えるかもしれませんね。
借金返済額が月に15万円あり返済が困難な場合、その15万円をとりあえず他社から借り入れして返済に充てよう、と。

しかしそれでは借金を返済するどころか、借金を増やすことになってしまいます。
そうして雪だるま式に増えてしまうのが、いわゆる自転車操業です。

この自転車操業の状態になると、もう借金は増える一方です。
借り入れしている業者の間を利息を増やしながらお金がグルグル回っている状態です。

この状態になったら、完済はどんどん遠ざかっていると考えなければいけません。
残念ですが、完済することはまずないでしょう。

借金返済を成功させるには

mo1911-m

借金には、必ず利息が付きます。
月々、利息の支払いと共に元本の返済ができるよう、契約時には月々の支払金額が指定されるでしょう。

しかし一般的にカードローンなどでは、利息の支払いがされれば督促が来ることはありませんし、支払い遅延の扱いにはなりません。
だからと言って、利息の支払いだけを続けていては、一生利息を支払い続けなければいけません。

利息は元本に対して計算されるものです。
元本が減れば、当然利息も小さくなります。
利息はあくまでも利息です。
借金を減らすためには、元本の返済ができなけれないけません。

しかし借金が大きくなってしまったり、何らかの理由で収入が減るなどすると、思うように返済できない場合があります。
そのような場面では、借金を増やし自転車操業に陥りやすく、注意が必要です。

では、どんな風に対応したら良いのでしょうか。
まず第一にやってほしいこととして、収支を書き出してみてください。

・現在の月収
・生活費(住宅費、食費、日用品費、通信費など、生活にかかる全ての費用)
・保険料
・借金の返済額

収支が黒字になっていれば全く問題はないでしょう。
あとは計画通りに生活するだけです。
しかし、どう計算しても借金の返済にお金が足りない、となると、それは考えなければいけませんね。

できることは2通りです。

1つは、支出を減らすということです。
外食を控えたり、食費の節約をしたり、携帯電話の料金プランの見直しや保険の見直し、家賃の安いところに引っ越しをするなど、場合によっては数万円浮くこともあるでしょう。
浮いた分が借金返済額に足りれば、返済に充てることで解決しますね。

もう1つは、収入を増やすということです。
本業の勤務先が『副業禁止』になっている場合もありますので、確認が必要ですね。
空いている時間を利用して副業をすることができれば、副業の収入を丸々借金の返済に充てることが可能です。

支出を減らすか、収入を増やすか、いずれかの方法で借金返済も含めて黒字になれば、問題なく返済していくことができるでしょう。

ほかにできること

mo1912-m

借金には利息が付きます。
借り入れする業者によって利率は異なり、利率が低いほど金利は安くなります。
ですから、借り入れしている借金の利率を全て調べて、利率の高い借金は利率の低い業者から借り換えすることで利息を安く抑えることが可能です。

また、多重債務になってしまった場合には『おまとめローン』で借金の一本化をして、返済しやすい状態にすることも有効ですね。
『おまとめローン』は金利が低く、さらに総量規制の対象外であるため、年収の1/3の借り入れがある方でも利用することが可能です。

さらに、可能であれば預貯金から繰り上げ返済をするのも良いですね。
借金返済をしながら、さらに預貯金をし、一定金額が貯まったら繰り上げ返済をする。
この流れができれば、完済は一気に早くなります。

元本を減らすことは利息を減らすことに繋がります。
利息が減れば、月々の返済額は同額でも、元本に入金される金額は大きくなります。

例えば、1万円の返済額で利息が4,000円の場合、元本に入金されるのは6,000円ですが、利息が1,000円の場合は元本に入金されるのは9,000円です。
元本が減ればさらに利息は小さくなるため、確実に返済を続けていくことで元本は加速して減っていくことになります。

そして重要なのは、借金を増やさないということです。
どんなに返済をしても、さらに借り入れをしてしまっては借金の総額が減ることはありません。

借金をする際には、返済計画が重要です。
「いくら借りられるのか?」ではなく「いくらずつなら返済できるか」を考えて借り入れしなければいけません。

どうしても返済が困難な場合

mo1913-m

収支の見直しをして、副業で収入を増やしたり支出の切り詰めをしても、借金返済が困難な場合、債務整理を視野に入れて専門家に相談をしましょう。
債務整理には、“任意整理”“個人民事再生”“自己破産”の3種類がありますので、相談をしながらご自身に合った方法で申し立てをすることをお勧めします。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12