一人暮らしの借金返済で意識しておくべきこと

一人暮らしの借金返済で意識しておくべきこと

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

手軽な借り入れ

手軽な借り入れ

カードローンやキャッシングなどという表現、ネット申し込みなど、お金の借り入れは非常に手軽なものとなっています。
総量規制で年収の1/3を超える貸し付けに制限がかかり、貸金業者の過剰な貸し付けを防ぐと同時に、利用者の借り過ぎも予防することを目的としています。

一人暮らしをしている方にとって、限度額内で借り入れと返済を自由に繰り返すことができるカードローンは、非常に便利なサービスでしょう。
しかし、借入したお金は必ず返済しなけれないけません。

返済できなければ“滞納”という扱いになりますし、最悪の場合には給料や財産の差し押さえを強制執行されるケースもあります。
そうならないためには、きちんと毎月返済をすることです。

収支を出す

収支を出す

では、借金をしている方は、毎月いくらずつの返済が可能なのか把握していますか。
ここで収支を出してみましょう。

・月収
・家賃
・水道光熱費
・食費
・日用品費
・通信費
・保険料
・交通費
・レジャー費
・交際費
・被服費
・美容費
・その他

支出の費目は上記のようになりますが、ここまで細かく分ける必要はありません。
必要な生活費を算出してください。

収入に関しては、手取り月収だけでOKです。
ボーナスは減額になったり、出ない場合もありますので、計算に含めません。

収入から支出を差し引き、手元に残る金額を知っておきましょう。

[例] 手取り月収20万円 - 生活費15万円 = 5万円
この例では、5万円残ります。

一人暮らしで最も負担が大きいのは“家賃”です。
“家賃”は収入の25~30%程度が理想的だと言われています。

また、何かあったときのために貯金も必要ですね。
ですから上記の例で5万円が手元に残ったとしても、全額借金返済に充てることはできません。

例えば、40万円の借り入れで金利18%の場合、1万円ずつの返済をすれば5年2ヶ月で完済することができます。
借金をする際には、『いくら借りられるか』ではなく『いくらずつ返済できるか』を重視する必要があります。

節約を心掛ける

節約を心掛ける

収支の見直しをしましょう。

・家賃の見直し
・外食よりも自炊を心掛ける
・保険や携帯電話のプランの見直し
・コンビニをやめてスーパーを利用する
・水道光熱費の無駄遣いを見直す

ただし、無理な節約は続けることができません。
交通費を節約するために長い距離を歩いたり、食費を節約するために空腹を我慢するような節約方法は止めましょう。

借入する理由

借入する理由

一人暮らしでは、思った以上にお金がかかります。
職場の人や友だちとの付き合いもありますし、冠婚葬祭や旅費、入院費用や家電の買い替えなど、様々な場面で「お金が足りない!」ということはあるでしょう。

貯金があれば良いのですが、ない場合には借り入れすることも選択肢の中にあります。
一人暮らしで咎める相手もいなければ比較的借金しやすいでしょうし、つい安易に借りてしまうケースは多いでしょう。
借金をした場合には生活を見直し、なるべくコンパクトにして借金の返済をしましょう。

中には、咎められることがない生活の中で、ギャンブルが辞められない人や、趣味に過剰にお金を掛けている人もいるでしょう。
お金の遣い方を見直すことで、借金返済が楽になることもあります。
まずは借金の理由を自覚し、確実に返済をしていくためにもこれ以上借金を増やさないようにしましょう。

自力で返済すること

自力で返済すること

万が一、借金の返済ができなくなった場合、家族や友だちに頼りたくなるかもしれませんね。
また、「もし返せなくなったら、実家に泣き付こう」などと考えているかもしれません。
しかしそんなことを考えていると借金を甘く見てしまいますし、返済できないほどの借金をしてしまう可能性も出てきます。

どんな場合でも、“自力で返済する”ということを念頭に置いてください。

お金を借りたら必ず返さなければいけません。
誰かを当てにして返済してもらうつもりなら、初めから借金などしてはいけないのです。

自分の責任で借金をする、という精神が大切です。
返済が苦しい場合には、節約生活をして支出を減らしたり、ダブルワークで収入を増やす方法もあります。

もしもどうしても返済できない場合には、債務整理をすることを検討しましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12