ダブルワークで借金返済をしてみる

ダブルワークで借金返済をしてみる

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金返済が困難な場合

借金返済が困難な場合

借金の額が大きくなり、気付いたときには返済が困難になっていた・・。
このようなケースは、実は珍しくはありません。

また、何らかの理由で収入が減ってしまい、それまでのような返済を続けることが困難になってしまったというケースもあるでしょう。

返済が困難になった場合に絶対にやってはいけないこととして、『返済のために借り入れをする』ということがあります。
新たな借り入れをしたり、既存の借り入れ先の限度額内で借り入れをするなど、どんな形であっても『借り入れをしたお金』で返済をしてはいけません。

『借り入れをしたお金で返済をする』ということは、結果的には借金を増やすことになります。
返済には利息が付くため実際に入金した金額よりも少額の返済しかできませんので、返済できた金額よりも借り入れした金額の方が大きくなってしまいます。

借り入れしている業者内でお金をグルグル回すことを俗に“自転車操業”と言いますが、上記のような理由で自転車操業は雪だるま式に借金が増えていくということを覚えておきましょう。

債務整理

債務整理

一つの方法として、債務整理をするということが挙げられます。
債務整理は国が定めた法的措置ですので、どなたでも利用することが可能です。

借金返済が軽減されたり借金がゼロになる方法もありますが、それなりにリスクもあります。

第一に挙げられるのがブラックリストへの掲載でしょうか。
実際にはブラックリストなどというものはありませんが、信用情報機関に金融事故情報が登録されてしまいます。
登録される期間は金融事故情報によって異なり、3~10年となっています。

その間、ローンやお金の借り入れは一切利用できなくなってしまいます。
例えば、家を建てる予定があって「住宅ローンを利用したい」となっても、子どもの進学に際して「教育ローンを利用したい」という場合も、「自動車ローンを利用したい」という場合も、金融事故情報が登録されている期間は審査に通ることはありません。

そういった予定がある方にとっては、いま債務整理をすることは非常に不利となってしまいますね。

債務整理以外の方法

債務整理以外の方法

上記のような理由も含め、様々な理由で債務整理は避けたいという場合、ほかにはどんな方法があるでしょうか。
単純に、支出を減らすか収入を増やすことで返済額を捻出することができます。

支出を減らすためには、、、
①生活費の見直しをして節約をする。
②賃貸住宅の場合は家賃の安いところへ引っ越しをする。
③保険や携帯電話のプランの見直しをする。

などの方法があるでしょう。

しかし実際には、「もうこれ以上は支出は減らせない」という方が多いのではないでしょうか。
借金の返済が困難になり始めた段階で、ほとんどの方が生活費の節約などをして支出を減らす工夫をしているでしょう。

収入を増やすためには、、、
①残業をして給料を増やす。
②資格などを取得して手当を増やす。
③ダブルワークをする。

などの方法があるでしょう。

①と②に関しては、それが可能な会社ばかりではありません。
残業に規制があったり、資格取得が手当の付加に繋がる職種は一部のものとなるでしょう。

③のダブルワークに関しては、気を付けなければいけない点がいくつかあります。

ダブルワークの注意点

ダブルワークの注意点

ダブルワークで借金を返済したいと考えている場合の注意点を挙げてみましょう。

本業の就業規則の確認

会社によっては、就業規則でダブルワークを禁止しているところもあります。
就業規則を破った場合、最悪のケースでは解雇されることもあります。
バレなければ大丈夫!などと甘い考えでダブルワークを始めて、結果的に解雇になってしまっては意味がありません。

また解雇にならないまでも、ダブルワークを急に辞めなければいけなくなり、先方に迷惑を掛けることにもなり兼ねません。
就業規則でダブルワークを禁止している場合には、諦めてほかの方法を考えましょう。

ダブルワークの収入は借金返済へ

ダブルワークを始めて収入を得られるようになると、つい気持ちが大きくなって「少しくらいならいいだろう」と遣いたくなるかもしれません。

しかしそもそもダブルワークを始める理由を考えてみましょう。
そうです、借金返済のために始めるのです。
ですからダブルワークで得られた収入は、全額借金返済に充てるようにしてください。

借金返済は、利息への入金が優先されます。
ですから返済金額が大きくなればなるほど、元本に入金される金額は大きくなるということです。
早く完済するためにも、ダブルワークで得られた収入は全額借金返済に充てましょう。

心身ともに健康であること

ダブルワークには様々な種類がありますが、いずれにしても本業の空き時間を利用して就業することになります。
時間的には非常に厳しいものになるため、寝不足や気晴らしできない状態が続く可能性もあります。

体を壊しては本末転倒ですし、ストレスで精神的な健康を損なうことも本意ではないでしょう。
心身ともに健康な状態を保つことができるよう、工夫をしたり家族の協力を求めるようにしてください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12