主婦の借金返済は辛い?

主婦の借金返済は辛い?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

総量規制で借り入れを規制

総量規制で借り入れを規制

現在、貸金業法では総量規制により、利用者への貸付金額の制限があります。

貸付金額の上限は年収の1/3までとされており、それ以上の貸し付けをすることを厳しく禁じています。
つまり、利用者は年収の1/3までの借り入れしかできないということです。

これは、かつて社会問題にもなった、多重債務や過剰な貸し付けによる自己破産者や自殺者を増加させた時代があったことが背景にあります。
時代はバブル崩壊の時期にあり、それまで日の目を見ることがなかったサラ金が急成長を遂げた時代です。
多くの方がサラ金を利用し、あれほど嫌悪されていた時代から“手軽に遣えるサラ金”の時代に移行したのです。

無人契約機ができ、電話申し込みで誰にも会わずに通帳に振り込まれる借入金は、バブル崩壊後の日本には非常に魅力的なものに写っていました。
しかしその中にあってサラ金は限度額を設け、「30万円借り入れをしたい」という利用者に対して、「50万円の限度額があります」と希望額以上の貸し付けをしました。

クレジットカード会社では頼んでもいないのに限度額の拡大がされ、お金の借り入れが簡単で手軽に行われるようになったのです。
その結果が“自己破産者”“自殺者”の増加でした。

問題は、『返せないほどのお金を貸し付けることにあった』と考えられたのです。
その結果、自己破産者は確かに減少したようです。
ただし、それが総量規制の成果であるか否かは定かではありません。

現在、サラ金は消費者金融と呼ばれるようになり、貸金業法の改正により厳しい規制が制定されています。

主婦の借金

主婦の借金

総量規制の制定により、収入がゼロの専業主婦は貸金業者からのお金の借入ができなくなってしまいました。
かつては収入がない専業主婦であっても、配偶者の年収を申告すればお金の借り入れをすることが可能でした。

現在は、収入がある配偶者の合意を得られれば、配偶者と専業主婦の二人の借金を合わせて配偶者の年収の1/3までの借り入れができます。
また、総量規制は貸金業者やクレジットカード会社を対象とした法律ですので、銀行や信用金庫などの金融機関は対象外となっています。

金融機関のカードローンであれば、専業主婦の方であっても利用することが可能でしょう。
ただし主婦でも、正社員の方はもちろんのこと、パートやアルバイトなどであっても収入がある場合、総量規制に則った金額の借り入れをすることは可能です。

現在、借金の返済をしている主婦の方は、ご自身に収入があって借り入れをしたか、或いは総量規制が制定される以前の借り入れである可能性がありますね。
主婦の借金の多くは家族に内緒にしているケースが多いため、返済が困難になった場合は一人で悩むことが多いようです。
家族に知られずに返済を継続するためには、生活費から返済額を捻出することになるでしょう。

返済が可能な場合は問題ありません。
しかし返済が困難な場合には、その方法を考えなければいけません。

独身時代の借金があり、結婚しても仕事を続けて返済している方は少なくありません。
しかし女性は妊娠することがあるため、仕事を辞める、或いは産休を取る必要があります。
いずれ仕事に復帰することが決まっていたとしても、一時的に収入は途絶えてしまいます。

主婦の借金に関しては、可能であればご主人に話して協力を求めることができればベストでしょう。
しかしそれができない場合、妊娠出産で収入が途絶えているケースでは、生活費から節約をして返済分を捻出するしかないでしょう。
或いは親御さんに相談することが可能であれば、一時的な肩代わりをお願いするという方法もあります。

すぐにでも仕事に出られる状況の人は、パートなどを始めることをお勧めします。
自分で収入を得て、自分で返済することがベストだと言えますね。

主婦の債務整理

主婦の債務整理

どうしても返済が困難になり、主婦が債務整理をする場合、収入がない専業主婦の場合は“自己破産”以外に方法がありません。
任意整理や個人民事再生の場合、認可後に減額になった返済額を支払う必要があるため、無収入の方が認可されることはありません。

収入があれば任意整理や個人民事再生の申し立てをすることができるでしょう。
ただし、債務整理の手続きをすることを家族に隠し通すことは難しいでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12