複数の借金返済・・・

複数の借金返済・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

複数の借金

複数の借金

複数の貸金業者や金融機関から借り入れをしている方は、全ての借金を正確に把握することができていますか。

借り入れしている会社の名前、契約時の借り入れ金額、利率、現在の借り入れ金額、月々の返済額、毎月の返済期日、完済予定など。
把握していなければいけないことは、たくさんあります。
しかしほとんどの方は曖昧な記憶で、正確に覚えていない場合が多いようです。

4件以上の借り入れがある場合を多重債務と言いますが、多重債務者の多くはもうそれ以上の借り入れをすることが難しくなってくるでしょう。
かつては社会問題になるほど多重債務が問題視されていましたが、貸金業法の見直しにより総量規制などの導入で多重債務者は減ってきたようです。

とは言え、今でも複数の借り入れで返済に苦しむ方はいます。
総量規制の対象は貸金業者やクレジットカード会社となっており、銀行や信用金庫などは対象外なので、貸金業者と金融機関の両方から借り入れをしている場合は総量規制以上の借り入れが可能となる場合もあります。

複数の借金の一本化

複数の借金の一本化

借金をしている方の中には、複数の貸金業者や金融機関から借り入れしているという方も少なくありません。
借入件数が多い方の場合、目指して欲しいのは借金の一本化です。

例えば、50万円の限度額で金利12%で30万円の借り入れをしているA社と、40万円の限度額で金利16%で30万円の借り入れをしているB社がある場合、金利の低いA社でまとめることを考えましょう。

その場合、B社で借り入れをしている30万円のうち、20万円をA社の限度額内の利用で返済します。
借金の総額60万円のうち、金利が低いA社から50万円、金利が高いB社から10万円の借り入れがある状態になります。

A社:金利12%30万円の借り入れ + B社:金利16%30万円の借り入れ → A社:金利12%50万円の借り入れ + B社:金利16%10万円の借り入れ

金利が低い方にまとめることで、支払金利をより少なくすることが可能となります。

さらに、B社の10万円の借り入れを先に完済できるように入金していきます。
複数の借金がある場合には、このように金利の低い借り入れにまとめるようにし、金利が高い借り入れはなるべく早く完済するようにします。

金融機関や消費者金融では、『おまとめローン』という借金を一本化する商品があります。
低金利で、しかも総量規制の対象にならないため、利用しやすくなっています。

また、『おまとめローン』に限らず、借り換えを目的とした低金利の商品はありますので、条件をよく考慮して申し込みを検討してみると良いでしょう。

ただし、それまでの返済状況や借金の総額、借入件数などによっては審査に通らないこともあります。
特に、借入件数が多いのはネックとなりますので、5社以上の借り入れがある場合には可能な限り返済をして数社をまとめるようにし、借入件数を減らして申し込みをすることをお勧めします。

債務整理の検討

債務整理の検討

どうしても月々の返済が負担になり、借り換え商品の審査にも通らないという場合には、債務整理を検討する必要があるでしょう。

債務整理には、任意整理、個人民事再生、自己破産の3種類がありますので、ご自身に合った方法を専門家と相談の上で選択することができます。
債務整理をすることで返済が楽になったり、借金苦から解放されることが可能となります。

まずは電話で問い合わせをして、無料相談を受けてみましょう。
ほとんどの法律事務所では無料相談を1回実施していますので、利用すると良いですね。

債務整理の依頼をするかどうかは、無料相談の後に決めても良いことなので、相談をしたら必ず依頼をしなければいけないということはありません。
ただし、借金問題の相談ですから、借金問題や債務整理専門の弁護士や司法書士に相談する必要があります。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12