なぜ借金をしてしまうのか?借金の理由【失業編】

なぜ借金をしてしまうのか?借金の理由【失業編】

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

再就職の難しさ…

再就職の難しさ…

借金をするには、ほとんどの場合理由がありますね。

最近、最も多い理由として挙げられるのが、会社の退職、失業です。

収入が滞っても、支払わなくてはいけない費用は発生します。
生活をするには、やはりお金が必要となりますね。
入ってくるお金はゼロの状況にあって、出ていく一方のマイナス状態となりますので、預貯金が底をつけば借金に頼らざるを得ないでしょう。

失業をしても、次の仕事がすぐに決まれば問題はありませんね。
しかし実際に、再就職の難しさは年齢性別問わずあるようです。

例えば、短時間のパートなどであれば求人も多く見られますが、ある程度の条件を満たす求人は非常に数が少なくなっています。
次の職を見つけて給料が入るまでの生活費が必要ですが、再就職が困難となれば借金を重ねなければいけないケースもあるでしょう。

また、扶養家族がいる場合や、就学中の子供がいる場合など、1ヶ月にかかる費用は決して小さいとは言えません。
そうなると『なんでもいいから就職する』というわけにもいかないでしょう。
再就職先選びにも慎重になりますし、ある程度の収入と希望の職種を叶えられる職場を探そうと考えるのが一般的かもしれませんね。

しかし、世の中にはアルバイトというものがあります。
当面の収入源として、アルバイトをして食い繋ぎながら次の職を探している人は少なくありません。

借金で生活する場合

借金で生活する場合

失業中の生活費を借金で賄う場合、やはりある程度の目途を立てることをお勧めします。
というのも、借金は当然ですが返さなくてはいけません。

どこに借金をするかにもよりますが、金融会社に借金をした場合ですと、今月借りたお金は来月から返済が始まることがほとんどです。
つまり、収入がない状態での返済は、さらに借金をして返済するという形になってしまう恐れがあります。

生活をするために借金をして、返済をするためにさらに借金をして、雪だるま式に借金が膨れ上がる危険があります。
返済には当然利息が付きますので、借りた分だけ返せばいいというわけにはいきません。
どうしようもなく借金をして生活する場合には、返済計画をしっかりと立てる必要があります。

ただし金融会社では、ほとんどの場合において、失業中の方が新規で借金することはできません。
元々持っているカードローンやクレジットカードのキャッシングなどを利用することになるでしょう。

ご親族や信頼できるご友人などに借金をするケースも少なくありませんが、一歩間違えると信用をなくす可能性があります。
どなたからの借金であってもきちんと返済計画を立て、確実な約束と返済で、その後の関係にヒビが入らないよう、気を付ける必要がありますね。

再就職が決まったらやるべきことは?

再就職が決まったら

再就職が決まったら、まずは借金の返済を優先して考えましょう。

生活はもちろん大切です。
しかし借金が長引けば、それだけ利息も支払わなければいけません。

借りたものは返さなければいけませんので、給料日にはまずは返済分を先に取り、完済するまでは返済優先としましょう。
借金を長引かせず、早く元の生活に戻るためには、早め早めの完済を目指すことをおすすめします。

失業によって作ってしまった借金は、しっかり次の職に就かない限りは返済が困難でしょう。
しかしだからと言って、借金に借金を重ねては目先の問題(生活をするということ)は解決できても、もっと大きな問題を抱えてしまうことになります。

借金が手軽にできるようになった昨今、簡単にキャッシングやカードローンを利用しがちですが、それが『借金』であることは自覚しなければいけません。

いま、今の生活を守るために、先の生活を犠牲にするような借金の仕方はしないようにしましょう。
借り過ぎには要注意です。
返済できる範囲での借り入れに留めておくようにしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12