なぜ借金をしてしまうのか?借金の理由【衝動買い編】

なぜ借金をしてしまうのか?借金の理由【衝動買い編】

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

クレジットカードの手軽さ

クレジットカードの手軽さ

借金をするには、ほとんどの場合理由がありますね。

理由のひとつに衝動買いがあります。

衝動買いの経験は女性のほうが多く、その際にクレジットカードで支払いを済ませるケースが非常に多くあります。
手持ちの現金では足りなくて、でもどうしても欲しい!となると、クレジットカードで支払って購入してしまうというケースですね。

欲しいものを見つけてしまったとき、手持ちの現金で足りる金額であれば問題はないのですが、「高額で手持ちでは足りない」となった場合、本来は一度考える時間を持ったほうが良いですね。

クレジットカードを持っていれば、手軽に簡単に購入することができますが、クレジットカード払いというのは結局は借金です。
借金してまで購入するべき商品か?その点についてはきちんと考えるべきでしょう。

クレジットカードを利用して衝動買いをすることが習慣化してしまうことで、返済することが負担になるケースは非常に多くなっています。
特にリボ払いを利用していると、毎月同じ金額の支払いになるため、多額な借金があるという感覚を持てなくなってしまいます。
永遠に続きそうなリボ払いの支払いは、買い物を続ける限り終わることはありません。

「まだ買い物できる」と思っている限度額は、決して自分のお金ではなく借金だということを忘れてはいけません。

そして、限度額いっぱいになって利用できなくなったときに、買い物ができなくなり衝動買いの習慣がストップするのです。
しかしそこでまた、新たなカードを利用するようになり、多重債務が始まるケースも少なくありません。

衝動買いをやめるために

衝動買いをやめるために

現在、クレジットカード払いの残金は把握していますか?

持っているカードのそれぞれの残金や限度額をしっかりと把握するべきです。
その点を把握しているだけで、クレジットカードを使った衝動買いは減るのではないでしょうか。

そもそも衝動買いというのは、衝動的に欲しくなって買ってしまう行動なので、本当に必要なのかどうかも怪しいですよね。
「よく考えてみたら、同じようなものを持っていた」
「確かに良いものだけれど、自分が使う機会はない」など、冷静に考える時間を持った途端に欲しい気持ちが萎んでしまう場合もありますよ。

衝動買いをしそうになったら、まずは売り場を離れましょう。
「限定商品」「最後の1個」など購買意欲を誘うような言葉を投げ掛けられるかもしれませんが、それで購入できなかったとしたら、それは縁がなかったということです。
高額な物は、「3日考えてそれでも欲しかったら買う」などのマイルールを作るのも良いですね。

衝動買いがやめられないのは買い物依存症かも…

衝動買いがやめられないのは買い物依存症かも…

全体に不要な買い物が多かったり、買ったのに使っていない、買ったら満足してしまった、などの状況がある場合には、買い物依存症ということも考えられますので、心当たりのある方はカウンセリングなどを受けることをおすすめします。

クレジットカードでの買い物はその時その場で現金が減らないので、非常に手軽だと感じてしまう方も多いでしょう。

しかしどんなに手軽に購入することができても、それは支払いをしなくてもいいということではありません。
当然、支払いはしなければいけませんし、金利も付きます。

衝動買いが原因で借金の返済が困難になっている場合には、まずは衝動買いの習慣から抜け出す必要があります。

場合によっては、心療内科の治療いやカウンセリングなどが必要なケースもあるでしょう。
ご自身で改めることができる場合には、収支のバランスを考え、自分で支払いが可能な買い物をしなければいけません。

クレジットカードの使用など、借金をする際には支払いの目途を立て、計画的に行いましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12