他人事ではない借金問題

他人事ではない借金問題

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

総量規制制度の導入

総量規制制度の導入

「私は借金はしない」「絶対に大丈夫」そんな風に思っている方でも、うっかり借り入れをしてしまうほど、借金が手軽にできるようになっています。
多重債務や借り過ぎには、十分気を付けなければいけません。

最近、テレビCMなどでもよく見かける過払い金請求」「債務整理などの背景には、お金の貸借に関する法律が改正されたということがあります。

具体的には、『年収の3分の1を超える融資は禁止する』という、「総量規制」の制度の導入です。

返済能力を超える貸し付けは、貸す側の責任として問われる制度ですので、貸す側にも借りる側にも厳しい制度と言っても良いですね。
しかし、そうした制度のお陰で、仕払い切れない借金を背負う方が減り、実際に借金を抱える家庭が少なくなったということも事実です。

なぜ借金をするのか?借金の理由は…

なぜ借金をするのか?借金の理由は…

借金をしていない方から見れば、「何にそんなにお金を使っているのか?」「借金をする理由は何だろう?」と疑問に思われるでしょう。
「ギャンブルでしょう」「贅沢してるんじゃないの」と判断されるかもしれませんが、借金の理由は生活費の補てんという場合が多いことに驚きますね。

家を購入するための住宅ローンや車を購入するための自動車ローンなど、大きな買い物をする際の借金であれば、頷くことができるでしょう。
しかし多くが生活費の補てんのために借り入れをし、次いでレジャー費や交際費などへの利用も多くなっています。

いつでもどこでも借り入れができる…手軽になった借金

手軽になった借金

「総量規制」が導入された一方で、クレジットカードのキャッシングや消費者金融のカードの借り入れなど、一般的に借金することが簡単になりました。

誰にも会わずに電話やネットで審査を申し込み、簡単に通帳にお金が振り込まれ、返済も借り入れもカードで行うことができ、その手軽さは精神的な借金へのハードルを一気に低くしたと言えますね。

手軽になった上に、家族や周りの人に知られる危険もほとんどありません。

消費者金融を利用して借金をしたことがあるという方は、実に4人に1人の割合だと言われています。
さらに、クレジットカードでのキャッシングも合わせると、2~3人に1人の方が経験があると推測できます。

また、現金をキャッシングしなくても、高額な商品をクレジットカードで購入したり、生活費が足りなくてカードを利用するなど、日常的に借金をすることに抵抗がない時代になったのではないでしょうか。

あらゆるところに潜んでいる借金の誘惑…

あらゆるところに潜んでいる借金の誘惑…

カードローンやキャッシングは手軽に利用できる借り入れですので、ちょっとお金が足りないときなどの利用も簡単にできてしまいます。
その手軽さは、借金をいう意識さえも忘れてしまうかもしれません。

「ちょっと借りて、すぐに返すから」そう思って借り入れしたのが最初の借金だったという方は少なくありません。

また、銀行で通帳を作ると、キャッシュカードにキャッシング機能を付けたり、カードローンとの併用を勧められることがあります。
機能を付けるだけでは手数料がかかるわけでもありませんし、面倒があるわけでもないので、言われるままに承諾するケースはあるでしょう。

さらに、住宅ローンの借り換えをするときに、「カードローンの契約をしてくだされば、金利が安くなります」などと言われて、使う予定もないカードローンの契約をしてしまうこともあるでしょう。

そんな風に流れで作ったカードでキャッシングやカードローンを利用してしまうケースが、非常に多くなっています。
手軽に利用できる方法ではありますが、利息も付きますし、当然返済義務があることを忘れてはいけません。

借金が非常に身近になったと考えられる昨今、気が付いたら借金地獄に陥っていたなどということが、実際に起こっています。
カードの利用には十分気を付けて、計画的に行いましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12