借金を抱える人と上手に利用する人の違い

借金を抱える人と上手に利用する人の違い

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金地獄に陥りやすい錯覚とは?

陥りやすい錯覚

クレジットカードで買い物をしたり、キャッシングをしたり、或いは金融機関からお金の借り入れをしている方の中には、なかなか借金が減らないという方もいらっしゃるでしょう。
返済をしても、結局生活費が足りなくなってまた借り入れをしてしまったり、つい衝動買いでクレジットカードで支払ったり、その繰り返しでは借金が減ることはありません。

最も陥りやすい現象として、『借り入れ限度額』を『使っても良い枠』として錯覚してしまうことです。

実際には借金を返済しただけなのに、借り入れ可能な限度額まで余裕があると「まだ使える」と感じてしまい、まるで自分の預貯金のような錯覚を覚えるのです。

カードローンやキャッシング、消費者金融の借り入れなど、申し込みをすると審査結果に応じた限度額の枠を与えられ、その枠内で借り入れと返済を何度も繰り返すことができる借り入れ方法があります。
出し入れが自由だとは言え、必ず返済はしなければいけません。

そして、仮に1万円の返済をしても、1万円全てが返済に充てられるわけではありません。
当然、1万円の中から金利が入金され、その残高が借金の元本の返済に充てられるのです。

つまり、出し入れが自由だからと言って、自由になるお金ではないということですね。

借金を抱えてしまう人

借金を抱えてしまう人

借金を抱えてしまう人は、借金できる枠を『使えるお金』という風に勘違いしがちです。
そして、『返さなければいけないお金』という感覚が薄れてはいませんか。

「返さなければいけないことくらい分かっている」と思っているかもしれませんが、借り入れした金額に対して利息の支払いをきちんとして、計画通りに返済しようという意識は持っていないという方は少なくありません。

借り入れするときは『必要な金額』で借り入れし、返済は『自分で入金できる金額』という風に思っていませんか。

もちろん、月々自分で返済できる金額でなければいけないのは当然ですが、借り入れする時点で『必要な金額』よりも『月々自分で返済ができる金額』で借入金額を決めなければいけません。

逆算して考えることで、無理のない返済が可能となるのです。

借り入れを上手に利用する人

借り入れを上手に利用する人

借り入れを上手に利用する人は、決して借金を重ねるようなことをしません。
一つの借り入れに対して着実に返済をし、きちんと完済します。

上記のような、返済できる金額から借り入れが可能かどうかを図り、金融会社の審査に加えて自分も無理がないかを計算するでしょう。
大体の生活費の収支を把握していれば、月々いくらくらいまでなら返済が可能かが分かりますね。

収入と支出のバランスが取れていることが大切

収入と支出のバランスが取れていることが大切

収入に見合った生活をしている方は、減らない借金を抱えることはまずありません。

クレジットカードで買い物をしたとしても返済可能な金額に留め、計画的なカードの利用で返済とのバランスが取れていると言えるでしょう。

単純に収入が多く生活に余裕がある方は、借金が減らないなどという心配はないように思われがちですが、どんなに収入が多くても返済しきれないほどの借金をしてしまうと同様の事態に陥ります。

要は、収入と支出のバランスが取れていることが大切だということですね。

借金がなかなか減らない方には、現状で『節約』が必要かもしれません。
油断していると、借金が膨らんでますます返済が困難になる場合もあります。

「自分は大丈夫」「借金は減らないけど、増えることもないから」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、借金が減らないということは、利息を払い続けているということです。
借金を減らすことを目標に、その先には完済を目指して、収支のバランスを見直しましょう。

大丈夫です。そんなに難しいことではありません。
収入と支出もバランスを考慮するだけでいいのです。

現在、返済に無理のある借金を抱えて、返済するためにさらに借金をしているという方は、専門家に相談することをおすすめします。

人生は何度でもやり直すことができます。
今、専門家に相談をして仕切り直してもらうことで、ご自身の人生が変わるかもしれませんよ。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12