借金をしてもいい金額はいくらぐらい?

借金をしてもいい金額はいくらぐらい?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金の上限は?

借金の上限は?

「借金の総額、どれくらいになったらヤバイんだろう・・」と考えたことがある方は少なくないのではないでしょうか。
また、「自分はいくらまでなら借金できるんだろう・・」と考える方もいるでしょう。

実際、ご自身に借金があった場合、また、さらに増えていく傾向にあった場合、「金融機関で借りられるうちは大丈夫!」と安易に考えてはいませんか。
そんなことを考えていると、止め処もなく増えてしまいますよ。

金融機関が貸し出しできる金額には、当然ですが制限があります。

最近、お金の貸借に関する法律が改正され、『年収の3分の1を超える融資は禁止する』という「総量規制」の制度が導入され、かつてよりも金額の制限が厳しくなったのです。

返済能力を超える貸し付けは、貸す側の責任を問われる制度ですので、貸す側にも借りる側にも厳しい制度だと言えるでしょう。

年収の4分の1の借金でも苦しんでいる…

年収の4分の1の借金でも苦しんでいる…

では、年収の3分の1であれば大丈夫ということでしょうか?

年収600万円の方であれば、200万円までの借金は問題がない・・・、ということになりますね。

しかし借金を抱えて途方に暮れている方の多くが、年収の4分の1程度の借金だということが分かっています。
具体的な金額にすると、数十万~100万円前後の方が多いのです。

「それくらい、頑張れば返せるだろう」と思われるかもしれませんね。
実際、そう感じていながら、結果的には返済と借り入れを繰り返して利息のみの返済となり、なかなか借金が減らないという状況に陥っている方が多いのです。

借金やローンの返済をしている方は、借入金額が増えていないか、借入総額が年収に対してどの程度の割合を占めているのかを把握しましょう。

返済のことを考えれば借金をしてもいい金額が分かる

返済のことを考えれば借金をしてもいい金額が分かる

当然ですが、借金と返済はペアのものです。
借金をしたら返済をしなければいけません。

しかし、借金をするとき、心理的には返済するときのことよりも、借り入れする金額の方に興味を持ってしまいがちです。

設けられている限度額があれば、「限度額内であれば全部遣ってもいい」と、まるで自分の貯金のような錯覚をして借り入れしてしまう方が多いようです。

しかし、考えてみてください。
借りたものは返さなければいけません。

大切なのは『いくら借りるか』よりも、『いくらずつ返済することが可能か』なのです。
これが返済計画です。

借金をするときには、必ず返済計画を立てましょう。

返済計画を立てて、「毎月これぐらいなら返済できる。」と確信できる金額が、借金をしてもいい金額ではないでしょうか。
借り入れすることだけに捕らわれていると、想像以上に返済が困難になってしまいます。

また、利息だけをどんなに入金しても、借金が減ることはありません。
きちんと返済するためには、利息+元本をしっかり返済しなければいけないのです。

もうこれ以上返済できない…

返済できない…

借金の金額が大きすぎて、どうしても返済が困難な場合があるでしょう。

A社から借り入れしてB社の返済に充て、B社から借り入れをしてC社の返済に充て、そうして利息がどんどん嵩んでいくケースもあります。
いわゆる自転車操業ですね。

『返済のために借金をしなければいけない』となったら、もう返済は無理だということです。

そのようなケースでは、専門家に相談をしてみましょう。
早ければ早いほど、手を打つ手段は多くなります。

専門家への相談は、そんなに簡単なことではないかもしれませんね。
それなりの勇気と心構えが必要でしょう。

しかし、行くのが怖い、そんな勇気はない、などと言っている間にも借金は膨らんでいく恐れがあるのです。
自分の人生を再生するつもりで、まずは電話かメールで相談してみましょう。

大丈夫です、相手は専門家なのですから。
安心して相談してみると良いですよ。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12