なぜ借金をしてしまうのか?借金の理由【人との付き合い編】

なぜ借金をしてしまうのか?借金の理由【人との付き合い編】

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

見栄?断れない?借金してしまう人付き合い

借金してしまう人付き合い

会社の方との食事や飲み会、或いは学生時代からの友人との旅行やレジャー、彼氏や彼女との付き合いなど、お金が掛かるお付き合いは日常的にありますね。

この時、自分が付き合える範囲で行動していれば借金をする必要はありませんが、身の丈を超えた付き合いとなると自分の収入に見合わない出費を繰り返すことになってしまいます。
このようなケースで借金をすると、付き合いが継続する限り繰り返す借金で金額が膨らんでしまうことが想定されます。

人には“見栄”もあるでしょう。
“断れない”ということもあるでしょうし、上下関係の中では“出さないわけにはいかない”という場面もあるでしょう。
しかしそれらが借金の原因になってしまうことは、避けなければいけません。

人付き合いで作る借金の怖さ

人付き合いで作る借金の怖さ

金額が膨らむと返済が大変です。
日常的な人付き合いで借金をしてしまうと、返済の目途が立てられません。

付き合いが継続する限り、返済してもまた借り入れてしまうことで返済が困難になり、利息だけの入金となって、実際には借金は減らないというケースは非常に多くあります。

人付き合いの費用がかさんで借金をしてしまうケースでは、そういった付き合いが日常化することで自分も麻痺してしまう可能性がありますし、付き合う相手の方もその付き合いが当たり前のようになってしまいます。

そうなると断ることは難しくなるでしょうし、同時に借金を辞めることも困難でしょう。
つまり、人付き合いで借金をしてしまうと借金を減らすことが困難になり、さらに借金を増やす結果が想定できます。

継続した借金で気を付けたいこと

継続した借金で気を付けたいこと

気を付けなくてはいけないのは、借金は元本への入金がなければ減っていかないということです。

金利を入金していれば、督促もきませんし、問題になることはありません。
しかし元本が減らないということは、永遠に利息を支払い続けることになってしまいます。

借金の返済では、入金するとまず金利が優先的に支払われます。
つまり、金利を超える金額を入金することで、元本への入金が初めてされるということです。

借金返済は計画的に

借金返済は計画的に

人付き合いだけが借金の原因の場合は、人との付き合い方を変えれば原因は解消されます。

しかしほとんどの場合、ほかの使い道での借金もあることが多いでしょう。
そうなると、人との付き合い方を変えて借金をする必要がなくなったときに、ほかのことへの借金が膨らむ恐れがあります。

借金をするときには必ず返済計画を立て、無理のない返済で完済を目指すようにしましょう。

返済が困難になって、初めて借金の怖さを知る方は多くいますが、そうならないためにもご自身の身の丈に合った利用の仕方をしなければいけません。
消費者金融だけでなく、カードローンの利用やクレジットカードでのキャッシングなどであっても、借金の総額を把握し、借り過ぎに気を付けなければいけません。

無理をした人付き合いは危険

無理をした人付き合いは危険

人付き合いは大切ですが、身の丈に合わない無理をした付き合いは身を破滅させ兼ねません。
楽しいはずのお付き合いが負担になってしまうのでは、本末転倒ですね。

無理なときにはお断りすることも大切ですし、自分が可能な付き合い方を提案するのも一つの方法です。

また、お金が掛からない付き合いをするということも、考えてみると良いですね。
金銭感覚が一致するということは、長いお付き合いにも繋がるでしょう。
もしもそれでお付き合いが終わってしまうような交友関係であれば、恐らくそれはそれまでの関係だったということです。

安易に借金をすることを考えず、まずは身の丈に合った付き合い方をすることを考えてみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12