借金が理由で離婚・・・

借金が理由で離婚・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

配偶者に内緒の借り入れ

配偶者に内緒の借り入れ

配偶者に内緒で借金をしている人は意外と多いようです。

専業主婦であっても借り入れが可能となっていますし、家族の同意が必要だということはないので、配偶者に話さずに借り入れすることは容易になっています。

また、消費者金融では「借金に関して家族は知っているか」という質問も受けますので、「内緒にしています」と話せば連絡先から自宅を外し、郵送が必要な書類なども自宅以外に送ってもらえるでしょう。
借り入れしたい人にとっては、一見親切に感じられるかもしれませんね。

消費者金融はお金を貸すことが商売なので、利息込みで返済してもらうことを前提に親切に対応します。

借金が離婚理由に・・・

借金が離婚理由に・・・

日本の離婚事情では、借金が離婚理由になっていることが少なくありません。

日本では夫婦の話し合いによって婚姻関係を解消する『協議離婚』が認められていますので、借金を理由に離婚の意思を伝えて合意が得られれば離婚することができます。

しかし一方が「離婚をする意思はない」とした場合、法廷離婚原因の中に『借金』は含まれていないため、離婚理由として認められない場合があります。
ただし、法廷離婚原因に含まれてはいませんが、離婚を申し立てることはできます。

借金が離婚申し立ての理由になっている場合、法廷離婚原因の中の『婚姻を継続しがたい重大な事由』に該当するものとして離婚訴訟を起こしますが、実際には配偶者に借金があることが『重大な事由』として認められることはありません。

配偶者の借金がキッカケとなって夫婦関係が破綻したということがひとつの判断材料となり、借金が原因で生活していくことが困難であるということがあれば、大きな離婚原因となるでしょう。

ちなみに、離婚する際の財産分与の中に借金が含まれるのではないかという不安を抱く方もいらっしゃるようですが、夫婦としての生活に関係ない借金であった場合には分与する必要はありません。

もしも配偶者に内緒で借金をしていたら

もしも配偶者に内緒で借金をしていたら

「配偶者に内緒にしているから大丈夫」と思っている方でも、絶対に知られないという保証はありません。
また、配偶者に内緒で借金をしているということは、決して安直な問題ではありません。

家族に知られる可能性はゼロではありませんし、ちょっとしたことでバレてしまったという事例は非常に多くあります。

金額にもよりますが、隠していたわけですから、バレたときには配偶者だけではなく家族にショックを与えるでしょう。
また、状況によっては、配偶者に助けを求める場合もあるでしょう。

返済に行き詰まり、どうすることもできなくなったとき、結局頼れるのは家族であることが多いようです。

バレたときには、誠意を以て対応しなければいけません。
信用の全てを失う可能性もありますし、場合によっては離婚となるケースもありますが、自分に非があることを認めて、開き直ったり投げやりになったりせずにしっかりと対応しましょう。

もしも配偶者が借金をしていたら

もしも配偶者が借金をしていたら

ほとんどの場合、内緒で借金をしている人がバレたからと言って、すぐに全てを話して認めるケースは非常に少ないです。

まずは証拠を集めた上で借金をしていることを本人に認めさせましょう。
その上で、日本信用情報機構などに情報開示請求をして、借金の総額を知る必要があるでしょう。

借金の総額を知り、その後のことを話し合わなければいけませんが、ここで冷静に考えなければいけません。
借金をした理由や、どうやって返済していくつもりなのか、など本人に詳細を聴き出し、返済と生活の両立は可能なのか、債務整理の必要はないのか、などを考慮しましょう。

債務整理をすれば5~7年はその記録が残るため、借金をすることはできません。
また、債務整理をしなくても、貸付自粛制度に申請すれば5年間はほとんどの貸付業者や銀行やクレジット会社が貸し付けを敬遠する状況となります。

しかし、借金癖があるようでは、改善するのは難しいかもしれません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12