借金はいくらまでできるの?

借金はいくらまでできるの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借り入れ方法

借り入れ方法

お金を借り入れするには、いくつかの方法があります。
・銀行、信用金庫などの金融機関
・クレジットカード会社、信販会社
・消費者金融

このほかにも、個人的な関係や職場でお金を借りるという方もいるのではないでしょうか。

年収の3分の1までという制限

年収の3分の1までという制限

このうち、クレジットカード会社や信販会社、消費者金融などからの融資は、貸金業法の総量規制により、年収の3分の1までという制限があります。

例えば、年収300万円の人であれば100万円まで、年収600万円の人であれば200万円までの融資を受けることができます。
この割り合いで借り入れをすれば、努力次第で2~3年で完済することが可能でしょう。

ただし、銀行や信用金庫などの金融機関は対象外となりますので、銀行カードローンや住宅ローンは総量規制に含まれません。

総量規制を超える借り入れ

総量規制を超える借り入れ

つまり、クレジットカード会社や信販会社、消費者金融などからの借り入れが年収の3分の1、それ以外に銀行や信用金庫からの借り入れをする、ということが可能です。
トータルで年収3分の1を超える借り入れとなっていても、貸金業法の対象とならない金融機関までは対応できないということです。

例えば、クレジットカードや消費者金融のキャッシングで年収の3分の1を超えていても、銀行カードローンで借り入れをすることは可能なわけです。

確かに、お金が要り様のときには非常に便利ですが、返済できなくなって自己破産!などということにならないように気を付けなければいけません。

いくら借りられるか < 月々いくら返済できるか

いくら借りられるか<月々いくら返済できるか

借り入れを受けるときには、「いくら借りられるだろう」という、借入可能額のことが気になるかもしれませんね。
しかし、お金を借り入れするときに考えなければいけない重要なことは、「月々いくら返済できるだろう」ということです。

借りるだけ借りて、いざ返済の段になって「返済が困難だ!」となってしまっては大変です。
借り入れ額は、「必要な金額」よりも「返済できる金額」を優先させるようにしましょう。

返済できる金額

返済できる金額

借り入れを受ける際には、まずは返済可能な金額を算出します。

①1ヶ月の収入を正確に出す。
②1ヶ月の支出を正確に出す。

最低限生活に必要な金額が分かれば、収入からいくらの返済が可能であるかがすぐに分かります。

借り入れをした場合、最低限、毎月の利息だけは返済しなければいけません。
つまり、収入から支出を差し引いた残額が利息を支払える金額以上でなければ、借金の返済を滞納することになってしまいます。

「少しくらい滞納してもいいだろう」と安易に考えてはいけません。
返済がされなければ、貸金業者からの通知や電話があります。
場合によっては、家族や職場に知られてしまうこともあるでしょう。

また、それでも返済ができないとなると、裁判所からの督促申立書が届きます。
最終的に返済不可能な借金に関しては、債務整理する以外の手段はなくなります。

返済計画

返済計画

例えば、50万円の借り入れをする際、年利18%だった場合、月々5万円の返済が可能であれば11か月で完済することができます。
返済総額は545,806円です。

同じ年利で30万円借り入れをすると、月々1万5千円の返済で2年間で完済することができます。
返済総額は359,332円です。

このような計算は、ネット上にもツールを利用すると簡単に出すことができますので、利用して調べてみると良いでしょう。

一人暮らしのケースや、家族世帯で生活費の収入源が一人の場合、万が一に備えて月々の返済は手取り額の10%程度に抑えることをお勧めします。
実家暮らしで家賃や固定費が掛からないという方は、手取り額の20~30%の借り入れがあっても返済が可能でしょう。

年利、月々返済可能な金額、返済期間から、借り入れ金額を決めると、無理のない返済が可能となります。

甘えは禁物

甘えは禁物

借金は個人のものです。
「もしも払えなくなったら、その時は家族に頼ろう」などという甘い考えは持ってはいけません。
そういう思考で借金をすると、自分の身の丈を超えた借り入れをしてしまう恐れがありますし、気持ちが大きくなって限界以上の借金を抱えてしまいます。

また、「生活を切り詰めればなんとかなる」という思考も、借金をする際にさけなければいけません。
返済は毎月のことです。
万が一、何かで出費が嵩んだときでも、返済金額を捻出する余裕がなければいけないからです。

宝くじが当たることは当てにはなりませんし、突然給料が上がることも期待できないでしょう。
また、金利が急激に下がることなど、ほぼほぼ有り得ません。
もしかしたら、それまで出ていたボーナスがカットになることも有り得ます。

つまり、返済期間の数年間、上記のようなことを期待しなくても返済が可能でなければいけません。

いくら借りる?

いくら借りる?

まず必要な金額を出しましょう。

借り入れしたお金は何年で完済する予定ですか?
また、月々の返済額はいくらなら可能ですか?

これらを明確にした上で、無理のない返済が可能な借り入れをするようにしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12