知らないとマズいことに・・・連帯保証人と保証人の違いとは?

知らないとマズいことに・・・連帯保証人と保証人の違いとは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

連帯保証人と保証人

連帯保証人と保証人

借金をする際には、保証人不要、無担保のものと、保証人や連帯保証人が必要な場合があります。

しかし保証人や連帯保証人の役割は意外と知られておらず、世間では「絶対に保証人になってはいけない」と言われていますね。
ここでは、連帯保証人と保証人の違いを中心に、それぞれの役割や義務についてお話ししていきましょう。

保証人とは?

保証人とは?

保証人とは、一体どんなものでしょう。

保証人はいわゆる『人的担保』のことで、人が借金の担保になるという考え方です。
具体的に申し上げますと、債務者が返済できない状況となった場合に、その返済を債務者の代わりに行うことを『保証する人』という意味です。

[例] Aさんがα銀行から100万円の借り入れをするために、Bさんが保証人になりました。
Aさんが返済できない状況となった場合、α銀行はBさんに返済を求めることができるのです。
保証人であるBさんは、当然返済に応じなければいけません。

例でも分かりますように、保証人は債務者と同様の義務を担っていると考える必要があります。
ですから、保証人になる場合には、「何事もないだろう、大丈夫だよな」などという軽い気持ちでなってはいけません。
「あなたの借金を背負うつもりで保証人になります」という、責任の一端を担う心づもりが必要でしょう。

ただし、Bさんは代位弁済(代わりに返済)した借金を、Aさんに請求する権利があります。
ですから取引明細書などは必ず保管しておかなければいけませんね。

連帯保証人とは?

連帯保証人とは?

保証人には、通常の保証人と連帯保証人があります。
いずれも債務者の代わりに借金の返済をする可能性はありますが、保証人と連帯保証人にはいくつかの相違点があります。

保証人は、債務者が返済できない場合に限り代わりに返済する義務があるのに対し、連帯保証人は、借金に対して債務者と同じ義務を担うことになります。
つまり、責任の重さは、保証人よりも連帯保証人の方が重いということですね。

連帯保証人にはない保証人に与えられた3つの権利とは?

連帯保証人にはない保証人に与えられた3つの権利とは?

保証人と連帯保証人の大きな違いとして、保証人に与えられている3つの権利が連帯保証人には与えられないという点が挙げられます。

催告の抗弁権

債権者の請求が、先に債務者に対して十分行われることを求めることができる権利。

検索の抗弁権

債権者は、債務者に財産がある場合には、先に債務者の財産から請求することを求めることができる権利。

分別の利益

複数の保証人がいる場合、借り入れ額を全保証人で頭割りにした金額を上限とし、保証人一人当たりの保証額が決められる。
*借金100万円に対して2人の保証人がいる場合、一人当たりの保証額の上限は50万円となる。

上記の3つの権利は、保証人にのみ認められ、連帯保証人には認められない権利です。

つまり、連帯保証人になった場合、債務者に返済能力があったとしても、債権者からの請求が先に来る場合もあるということです。

また、複数の保証人がいたとしても、連帯保証人になった人は一人で全額返済しなければいけないということですね。
連帯保証人は、言うなればお金を借りた張本人と同様の義務を担うことになってしまうのです。

もしも連帯保証人や保証人を頼まれたら

もしも連帯保証人や保証人を頼まれたら

連帯保証人や保証人を頼まれたとしても、簡単に承諾してはいけないことはお分かりですね。

お願いする人は、必ず言うのです。
「絶対に迷惑はかけない」

世の中に絶対などということはありません。
この言葉は、このときのためにある言葉だと言っても良いくらいですね。

他人の連帯保証人になって人生を狂わされた人。
家族がバラバラになってしまった人。
代々続いた家業を潰さなければいけなくなった人。

たくさんの悲惨な例があります。
『この人は大丈夫』
そんな甘い考えは、捨てなければいけません。

連帯保証人になるということは、自分が借金を背負うということと同等のことだと認識しなければいけません。

判を付く前に、「今その借金を背負うことができる状況か」「この先の人生でこの借金を返済していくことは可能か」いま一度考える必要があるでしょう。
もちろん、家族がいれば家族に相談する必要がある場合もあるでしょう。

どんなに親しい人でも、どんなに信頼してきた人でも、お金が絡むことで関係が破綻する恐れもあるということを忘れてはいけません。

では、保証人になることを求められた場合はどうでしょう。
「連帯保証人じゃなく、保証人でいいんだけど、お願いでいないかな」
そんな風に打診されたら、どうしますか。

連帯保証人になるほどの重い責任を感じることはないかもしれませんが、保証人であっても債務者が返済できなくなれば代位弁済しなければいけません。
責任が小さいとは言えないでしょう。

万が一、債務者が返済できなくなった場合、自分の借金のように返済していくことはできますか。
連帯保証人同様に、判を付く前にいま一度考える必要があるでしょう。

最悪のケースでは、債務者の借金を代位弁済できずに、連帯保証人や保証人が自己破産するケースもあります。
決して甘く見てはいけません。
まずはご自身の生活や人生を守ることを第一に考えましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12